カンボジアのもう一つの顔

投稿者: しんさん, 2016/02/22

学生時代に映画「キリングフィールド」に衝撃を受け、いろいろ勉強していたカンボジアに何とかたどり着けた。今回の旅でも本当はプノンペンのトゥースレンや向こうのキリングフィールドも見たかったがそれは次回に。地雷博物館は思ったより小さい規模だったが機械化される前の地雷処理の仕方など非常に興味深かった。あまり触れたくはないと思うが、アキ・ラーさんのクメール・ルージュ時代の話をもう少し堀さげてもらいたかったのと、展示物の日本語訳が少々読みづらかった。
一之瀬泰造氏のお墓はホントに何もないところに墓標があるだけなので、遺跡めぐりの方々には少々物足りないと思うが、逆に何もない畑のような場所でクメール・ルージュに処刑されたと思うと、感慨深いものがある。噂どおりに近所の子供がくっついてきて「自転車乗らないか」も言われたが、何となくその風景が溶け込んでいたように思う。お菓子だけあげたらちょっと残念そうだったけど。ガイドさんもそこに骨が無いことは知っていたので、お墓というよりは絶命の地として日本人は見た方がいいのかもしれない。
最後にシェムリアップのキリングフィールドの舞台となったワット・トメイ寺院。寺院の敷地内に旧学校の建物があり、そこで処刑が行われていたとのこと。クメール・ルージュに関する看板が多く、いろいろ参考になった。有名なガラスケースに骸骨を入れたストゥーパだが、少々日本人の死生観からすると亡骸が見世物のようでかわいそうな気もしたが、逆に世界中の人々に平和
を訴えるにはあれぐらい直接的な方が伝わるのかもしれないと思った。日本の援助で作った学校やクメール・ルージュ時代の処刑に関する絵画館などあまり人はいなかったが興味深かった。
ガイドさんは遺跡の時のガイドさんに比べカンボジア人には珍しくあまりおしゃべりしない人で、今回の施設に関しては事前に一通りの説明の後、ポツポツと話される方だった。自由時間
を結構もらえたので、戦争について感慨にふける時間もあった。
半日で回れるツアーなので近代のカンボジアで何があったのかぜひ参加したほうが良いと思う。
また、現在も国境でタイとにらみ合いをしているプレヴィヒア遺跡とセットにみるとよりカンボジアの状況が見えてくると思う。

催行会社からのコメント

しんさん様

この度は、弊社ツアーにご参加いただき誠にありがとうございました。

今回のツアーを通してカンボジアの歴史について深く考えることができたのではないでしょうか。
このように現地に行ってみて実際に目で見て感じるというのは、とても貴重な経験だと思います。

またカンボジアにいらした際は、是非他のツアーにもご参加くださいね。

またカンボジアにいらっしゃる際は是非ご利用ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

スケッチトラベルカンボジア
クロマーツアーズ スタッフ一同

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/02/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

地雷を踏んだらサヨウナラ

投稿者: 財神到, 2015/09/12

映画キリングフィールドを観て以来、ずっと訪れたかった場所でした。地元出身の親切なガイドさんが丁寧に案内してくれて改めて内戦時代の悲劇を聞きとても勉強になりました。本来ツアーに含まれていない市内観光のほか時間を延長して美味しいレストランに連れて行ってくれました。その上、お薦めクメール料理を注文してくれたので大満足でした。


  • 一之瀬泰三のお墓に続く道

評価:
利用形態:家族
参加日:2015/08/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]

カンボジアの人の想いが残りました。

投稿者: MIDORI, 2015/08/26

旅行前に『僕たちは世界を変えることができないかもしれない』を見たこともありカンボジアの歴史と今を少しでも感じたくてこのツアーを選びました。
オールドマーケットの食品売り場で、鳥の足がならんでいたり、豚の顔がそのままおいてあったりするだけで、横を通れないメンタルの弱い私はキリングフィールドを訪れることで、夜眠れなくなるのではないかと、前日の夜まで不安でしたが、大丈夫でした。そんなにグロい展示物ではないです。
地雷博物館も、泰造さんのお墓も、キリングフィールドも平和であることの尊さ、当たり前の毎日に感謝する気持ちを思い出させてくれました。特に地雷博物館は、揺さぶられました。
私たちができることは、本当に小さいかもしれないけれど、できることをほんの少し、勇気をもって行ってみたい。そんな気持ちになりました。
帰ってからも、カンボジアの人の想いが残りました。


  • 地雷博物館


  • 泰造さんのお墓(慰霊碑?)への案内板

催行会社からのコメント

MIDORI 様

この度は、弊社ツアーにご参加いただき誠にありがとうございます。

ツアーガイドを満足して頂く事ができ、弊社スタッフ一同大変喜ばしく思います。
MIDORI様にとって実りあるご旅行になったこと、とても嬉しく思います。
ぜひ、またカンボジアを訪れてその歴史や文化に触れていただければ嬉しいです。

またカンボジアにいらっしゃる際は是非ご利用ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

今後ともよろしくお願いします。

スケッチトラベルカンボジア
クローマツアーズ スタッフ一同

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/08/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

一之瀬泰三の墓

投稿者: もこちゃん, 2014/02/22

行く前に、一之瀬泰三さんのドキュメントDVDを見てから言ったので、とても感動しました。帰ってからも、映画「地雷を踏んだらさようなら」を見て涙が止まりませんでした。
こういうテーマがあるところ、また、自分たちだけでは行きにくいところこそ、ツアーの良さが表れると思っています。

催行会社からのコメント

この度は弊社のツアーにご参加頂き、誠に有難うございました。
カンボジアご滞在はいかがでしたでしょうか。弊社でも、遺跡以外のカンボジアをもっと多くの方に知って頂けるようなツアーを今後も提供していきたいと思います。
また機会がございましたらカンボジアへお越し下さいませ。またのご利用をお待ち申し上げております。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2013/12/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

関心があるのなら

投稿者: HIS, 2014/01/17

何を目的にカンボジアに来ているかによると思います。
このページをチェックしている方であれば、きっと興味・関心があるのではないかと思います。日本でも色々と話を聞いたり、本を読んだり、テレビやネットでこのような話に触れることもできます。でも、私は自分の目で実際に見て感じることが重要かなと思います。とにかく、人の話はわかったからあとは自分がどう感じるか、どう思うか。そのために参加しました。感じることは人それぞれだと思います。
個人的には参加して良かったです。

催行会社からのコメント

この度は弊社のツアーにご参加頂き、誠に有難うございました。
貴重なご意見有難うございます。遺跡以外のカンボジアを知って頂くためのお手伝いができたこと、大変嬉しく存じます。
今後お客様にますますご満足頂けるツアーを提供できるよう、スタッフ一同努力してまいります。
また機会がございましたら、ご利用下さいませ。またのお越しをお待ち申し上げております。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2014/01/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

最後にガッカリ

投稿者: 匿名希望, 2013/01/16

キリングフィールドの見学では、ガイドさんが自分の体験を話してくれたので大変よかったと思います。次に向かった地雷博物館では日本人のボランティアの方がいて、説明を聞くことができました。ただ、中央にある池に蚊がたくさんいて、一応虫よけスプレーはしていたのに何か所も刺されてしまいました。ここへ行くときは長袖長ズボンか、ちゃんと虫よけしておいたほうが良いと思います。
最後に向かった一之瀬泰造さんのお墓は、観光地ではない普通の村へ行くのでそこは面白いです。車を止めてから舗装されていない道をしばらく歩くうちに地元の子供たちが次から次へと集まってきます。
お墓につくと一之瀬さんに子供のころ遊んでもらっていた男性が来ました。一之瀬さんのカメラで撮った写真や訪れた人たちが書いたノートがあります。それを読むと中に「お金を取られた」と書かれている人がいました。子供たちも英語で話しかけてきます。帰りに子供たちが自転車の後ろに乗せてってあげると言って一人ずつ乗せ、ガイドさんは子供から自転車を借りて一人で乗って車まで戻りました。到着すると子供の表情が変わり「5ドルくれ」と要求されました。ノートに書かれていた日本人の人はおそらく行きに同じことをされたのでノートに書いて知らせてくれたのだと思います。全員お金を要求され困っているとガイドさんが到着し、「お金を要求されているんですけど」というと「本当?払わなくてもいいよ~」と微妙な表情で言われました。きっと毎度のことなんでしょう。絶対に子供たちの自転車に乗ったり、何かしてもらったりしないでください。旅行会社も対処すべきです。




評価:
利用形態:小さなお子様連れ
この体験談は参考になりましたか? [はい]

現地の子どもらとふれあい

投稿者: 48歳初心者ランナー, 2011/12/08

TAIZOのお墓へ行く道中で現地の子どもたちが興味本位でついてきます。うちの子どもが興味を示さなくなった野球やサッカー、遊戯王のカード、ガチャガチャのおもちゃなどを予め用意して自宅から持ってきていたので、それらをあげると珍しそうに、またうれしそうにしていました。その表情はとても新鮮でした。



評価:
利用形態:友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]

カンボジア テーマから探す

「地雷を踏んだらサヨウナラ」の舞台巡り 一之瀬泰造のお墓とアキーラー地雷博物館<シェムリアップ発>の参加体験談 | カンボジアの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

「地雷を踏んだらサヨウナラ」の舞台巡り 一之瀬泰造のお墓とアキーラー地雷博物館<シェムリアップ発>の参加体験談 | カンボジアの内戦時代、フリーカメラマンとして26歳の若さで命を落とした一之瀬泰造のお墓を訪れます。その後、アキー・ラー地雷博物館、キリングフィールドを見学します。