世界遺産 開平日帰り観光・・・ジブリの世界

投稿者: carib, 2015/02/02

29日、朝8時半ロビー集合。世界遺産開平へ日帰り一日ツアー、ホテル送迎、昼食付き、日本語ガイド付きで一人950元!かなり高いが思い切って申し込んだ。ガイドさんは若い中国人の女性で、とても日本語が上手!他にツアー客は居なくて、三人で貸し切り状態!ラッキー!天気も快晴で絶好の観光日より!広州市から高速で開平に向かう。途中ガソリンスタンドでトイレ休憩。中国の高速にはサービスエリアのトイレがないのでトイレに行きたくなってもすぐに行けるわけではないらしい。団体ツアーでビール飲みながらなんてとんでもない(--;中国のトイレはほとんど和式でトイレットペーパーもない。携帯用ティッシュを持っていたから良かった(^^;しかし休憩で寄ったトイレ、清掃人がいるのに、めちゃめちゃ汚い!(@@)便器におぶつが山盛りになっていたり、食べ物が投げ込まれていたり・・・ピザ丸ごと一枚捨ててあったり!もう唖然とする汚さ!モップで床をこするだけがトイレ掃除じゃないだろう!!何とか用が足せそうな個室を選んで済ませる。最初の目的地は開平の自力村で、2007年の6月28日に世界遺産に登録されたそう。海外に出稼ぎに行って金持ちになって帰国した華僑たちが自分で豪邸を建てた場所とのこと。自力村で一番金持ちの家と普通の金持ちの家を二つ見学した。家はたいてい四階建てくらいで、奧さんが四人いるので、一人ずつ各フロアに住んでいたらしい。なんだかすごい家族構成だ!それぞれのフロアにキッチンもあって専用のメイド達がいたとのこと。のどかな田園風景のなかにぽつり、ぽつりと立っている家々はまるでジブリの世界を見ているような不思議な雰囲気。1925年くらいに建てられたらしいが、その頃の文化や生活がうかがえて興味深かった。自力村を見た後は影視城という映画撮影所へ向かう。ジャッキー・チェンの「酔拳」もここで撮影されたらしい。スタジオ内へは入らずお土産店を見て歩く。犬や猫が放し飼いになっていてとてものどかな環境。この後はお待ちかね昼食を食べに開平花園酒店へと向かう。ほど良くお腹も空いた。喉も渇いた。今日もビールが美味しいだろう!(^^)v飲み過ぎるとトイレがあまりないので大変だけど・・・

開平花園酒店でランチをとることに。店内はめちゃ広くてまるで帝国ホテルの富士の間のよう。だが、ほとんど客はいない。席についてまずビールを注文。ランチはコースで、郷土料理とのこと。まずスープが出される。どう考えても鶏味だが、豚のスープだという。体が温まる。そしてキュウリ・キクラゲ・イカや海老の炒め物が続く。次の品は、「うわ~!!出ちゃったよ!鯉の唐揚げ甘酢あんかけ!!!」三十年以上も前に横浜中華外の宴会で出ていたような料理!(って、今でも出てるんだろうか?)これは個人的にはあまり食べたい料理ではない。続いてニラとアサリとベーコンとパプリカを炒めた物。ピーナッツが入っている。それから楊州炒飯!料理は思ったよりは美味しいが、何せものすごい量!!これを三人で食べろというのか???どう見ても六人分くらいはある。最後にだめ押しの一品で、青梗菜と椎茸の炒め物。ついビールが進んでしまうがトイレに行く機会があまりないので心ゆくまで飲むのは控えよう。ランチの後は開平立園を見学する予定。めちゃめちゃ金持ちの架橋が建てたのだそうだ。お腹一杯食べたので夕食に備えて腹ごなしするのも良いだろう・・

花園酒店でランチしたあと、開平の立園に向かう。ここはアメリカに出稼ぎに行って大金持ちになった架橋が建てたマンションで、広大な敷地に自分の家だけではなく親戚一同のために建てた棟もあり、若くして亡くなった二番目の妻を偲ぶために建てた棟あり、盗賊が攻めて来た時立てこもるためのセキュリティーの棟あり、ものすごい贅沢さ!一体いくらお金をかけたんだろう?と唖然としてしまうくらいの規模だ!金持ちっているところにはいるんだなあ~としみじみ実感しちゃいましたよ~(^^;やはりこの人も四人妻がいたらしい。これだけ金持ちなら四人と言わず、大奥でも作れるんじゃないか~!豪華な立園を見たあとは広州へと帰路につく。予測したより高速が渋滞していなかったので、予定時間より早くホテルに到着。天気も良く抜群のツアー日和で楽しい一日を過ごすことが出来た。




評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2014/12/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

JTBだから信用したのに

投稿者: 匿名希望, 2010/08/19

ドライバーが高速に乗ったり、降りたり、道を聞きながら進み、結局2時間でいけるところを4時間掛かった。責任者に文句を言ったら、道が込むだからいちいち対応できないという返事でした。JTBだから信用したのに...

催行会社からのコメント

この度はご満足いただけない部分がございまして申し訳ございませんでした。
広州から開平までは、本来2時間30分程度ですが、当日は広州アジア大会のための高速道路緊急封鎖による大渋滞で、4時間かかってしまいました。
当日は、11:30分の時点で、大渋滞が起こっており、お客様はかなりご不満をお持ちだという、ガイドからの報告を受けました。最近は、広州アジア大会の関係で、広州及び周辺近郊の高速道路を修理したり、封鎖したりすることが頻繁にあります。ただ、これは政府による臨時工事なので、事前告知はなく、弊社も事前に把握する方法がありませんでした。お客様のご指摘どおり、運転手は、確かに高速を降りたり乗ったりしましたが、それは少しでも早く目的地に到着するための処置です。当時は、運転手も渋滞がこの先どれくらい続くのか、もう少し待てば解消かれるのか、まったく状況が把握できませんでした。ですので、ガイドと運転手と私の3人でよく相談し、そのまま高速で待ち続けるよりも、一度高速を降りて状況を見た方が良いと判断し、指示を出しました。
お客様は、運転手が道を人に聞きながら運転していたとご指摘されていますが、これは、。高速道路料金所等で、高速道路の渋滞状況を確認していたのを、お客様が誤解されたのだと思います。
どちらにしても結果としてお客さまにご満足いただけませんでしたので、今後サービス改善に努めてまいりたいと思います。今回は申し訳ございませんでした。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

世界遺産 開平日帰り観光の参加体験談 | 広州の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

世界遺産 開平日帰り観光の参加体験談 | 世界各地に分散している“華僑”の故郷で、中国の伝統と西洋が見事に融合された建築群が見られる「開平楼閣」とその村落を1日観光。ユニークな建築物やその土地特有の美しい景色もたっぷりお楽しみください。