庶民のバイタリティ

投稿者: りりー, 2011/11/19

 ホテル9時半に車で出発。デリー市内は慢性渋滞状態。交通ルールというのは全く存在しない。オールドデリーに着いたらリキシャに乗り換え市内観光。ジャーマ・マスジット、バザール等。ジャーマ・マスジットの撮影には200Rを支払い、外国人の女性はナイロンでできたガウンのようなものを羽織らなければいけない(チップ有)また、靴は脱ぎ(チップ有)裸足となる。
このツアはーには昼食はついていないが別料金で本などで紹介されている庶民のレストラン「カリーム・ホテル」に案内してもらいました。ヒンズー教徒のガイドはイスラム居住区にあるこのレストランにはじめて来たと言っていました。日本では味わえない深いカレーが楽しめました。一見の価値はあります。







評価:
利用形態:友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

リキシャで巡る!デリー半日市内観光 ~チャンドニー・チョーク散策~<貸切チャーター(繁忙期を除く)/デリー発>の参加体験談 | 北インド(デリー)の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

リキシャで巡る!デリー半日市内観光 ~チャンドニー・チョーク散策~<貸切チャーター(繁忙期を除く)/デリー発>の参加体験談 | デリーの浅草・庶民の町であるチャンドニー・チョークを散策!宝飾品などを扱う店が立ち並び、お買い物やぶらぶら歩くだけでも楽しいです。人力車、牛車なども行き交うまさにインドらしい文化を体感できるでしょう。