対照的な2Cofee工場

投稿者: オケイチャン, 2014/07/01

Ubudに滞在中、ツアーに参加しました。当日は私たち夫婦2人だけの参加でした。日本語の上手なガイドWisperとDriver(運転がすごく上手)で1つのコーヒー農場と2つの工場を見学しました。
農場はキンタマーニの近くで、ハワイのコナのコーヒー農場とは全く異なった栽培法で野性的です。農場には天然のLuwak(ジャコウネコ)が5−60匹棲んでいて、その猫はコーヒーの実でも良い物だけを食べ、糞にはコーヒーの豆が消化されずに出てくるので、その糞を毎日集め、乾燥、洗浄して普通の豆の10倍程の値段がするルワクコーヒーとして出荷しているそうです。農場には2カ所に3匹のLuwakが飼われていましたが、夜行性のため、昼は殆ど寝ていて、動きませんでした。
その後、クタに近いコーヒー工場を2カ所見学しました。最初の工場はチョウチョと地球がデザインされた一番大きな会社で、日本語の上手な女性が工場内を案内してくれ、ストックスペースから、豆の選定(手作業)行程、焙煎(ホテル用、Duty-Free用、輸出用、Super用)行程、包装、などを見せて頂いた後に、試飲コーナーで雄豆からの物と、雌豆からの2種を飲み比べさせてもらった。豆はDuty Freeで買うのが質も、値段も一番得と話し、一切売り込みは無かった。その後もう一つの工場へ行ったが、ここでは対照的に、工場見学はおざなりで、直ぐに売店コーナーの試飲室に入り、コーヒーをいれると直ぐに売り込みに入り、日本で買う値段よりも遥かに高い値段で押し売りの様なスタッフにこちらも切れて、何も買わずにさっさと帰る事にしました。
このツアーでは、農家を一軒だけしか訪問しないので、栽培方法がハワイとは、全く違っていたのが、その農園だけなのか、その他もそうなのかは判りません。木の丈もハワイよりはるかに高く収穫はどの様にするのかは不明です。出来れば、栽培農園をもう1軒増やし、工場は最初の工場だけにしてくれたら、後味も爽やかになるのではないでしょうか。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2014/06/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

バリ島 テーマから探す

絶品のコピ・バリ「Luwak(ルアック)」を求めて!バリコーヒー工場見学ツアー☆プランテーション訪問 or 有名コーヒー店巡り<終日/現地ガイド(日本語可)>の参加体験談 | バリ島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

絶品のコピ・バリ「Luwak(ルアック)」を求めて!バリコーヒー工場見学ツアー☆プランテーション訪問 or 有名コーヒー店巡り<終日/現地ガイド(日本語可)>の参加体験談 | インドネシアは、いわずと知れたコーヒー豆の産地。最高級の豆がどのように作られるのか、のぞいてみませんか?その場で選別していたり、ローストしていたり。もちろんお豆の購入や、試飲もできちゃいます♪