初モニターツアーで行ってきました

投稿者: 匿名希望, 2016/11/04

モニターということで、本ツアー評価をシビアに記そうと思います。
まず本チケットはシンガポール本島とセントーサ島を結ぶマウントフェーバーラインと、
セントーサ島内のマーライオンからシロソ砦を結ぶセントーサラインの
2つのケーブルカーラインに乗車できるものです。
乗るにあたり、いくつか注意点があります。

1.当方マウントフェーバーのキオスクでチケット交換をしたのですが、
本ツアーの注意事項を読んでおらず、VELTRAさんバウチャーのみ持参しておりました。
しかしキオスクでは、バウチャーにあるバウチャーナンバーではチケット交換できず、
別にcodeナンバーが必要だと言われました。
それでバウチャーにある緊急連絡先に電話したところ、ツアー主催のパンダトラベルさんが
出て、パンダトラベルがメールで送ったE-Tcketがあるはずで、それに記載された
codeナンバーで交換できるということで、その番号を電話で教えてもらったのち、
やっとチケットを手にすることができました。
当方、メールの見過ごしがあったのかなと思いましたが、間違って削除したメールも含め、
パンダトラベルさんからのE-Tcketは受け取っていないようです。
それなので、E-Tcketが届いていない場合は、乗車前に送るように催促する必要があります。

2.本ツアーの2つのケーブルカーラインはそれぞれ往復で乗車できます。
つまり、それぞれのラインで行って来いができ、計4回乗れます。
当方、以前マウントフィーバーラインのみ乗車したことがあるのですが、
この時もおそらく往復乗車できた筈でしたが、知らずに片道しかのりませんでした(泣

3.最初に乗るとき手の甲にスタンプを押されます。

4.昼と夜ですが、昼は高高度からのパノラマ感を感じセントーサ島の細部まで
見渡せるので絶対お勧めです。
夜は傍目から見てケーブルカーがキラキラ光りロマンチックな感じがするのですが、
実際に乗ってみるとセントーサ島内の地味なライトアップがぼんやり見えるだけで、
ほとんどが海の濃い闇で高度差も感じず面白味がありません。

5.混んでいると、混載になります。
ケーブルカーの狭い空間内で、知らない外人と一緒にいるのはちっとも楽しくありません。
混雑を避けて乗りましょう。

いろいろ書きましたが、モニターなので半額乗車できたのはうれしかったです。
最後にこの機会を提供して頂いたVELTRAさんに感謝!


  • こんなスタンプ押されます

催行会社からのコメント

匿名希望 様

この度は弊社プランをご利用いただきありがとうございます。

最初にご記入頂きましたように、本来ですとバウチャー原本がないとチケットの引き換えが出来かねます。
今回はケーブルカー側のご厚意により、バウチャーなしで引き換え出来ましたが今後は対応出来かねるとのことでしたので、今後ご利用の際には必ずバウチャーの受け取りをご確認頂けますと幸いでございます。


また細かい注意事項等、貴重な体験談を頂きありがとうございます。
ぜひまたセントーサ島を訪れる際には、こちらのプランをご利用頂けますと幸いでございます。
またセントーサ島には体験型アクティビティがたくさんございます。そちらのクーポンも弊社にて事前購入できますので、次回ぜひご利用くださいませ。
またのご利用を心よりお待ちしております。

現地催行会社 パンダトラベル

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/10/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ケーブルカーチケット シンガポールからセントーサ島へ絶景を眺めながら空中散歩<セントーサ入島料込>の参加体験談 | シンガポールの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ケーブルカーチケット シンガポールからセントーサ島へ絶景を眺めながら空中散歩<セントーサ入島料込>の参加体験談 | シンガポールからセントーサ島に渡るマウントフェーバーライン&新たに誕生したセントーサ島内を走るセントーサラインの両方を巡るお得なチケット。セントーサ島の絶景をお楽しみください。ご予約はこちらから。