わくわくがたくさん!

投稿者: HALママ, 2016/01/29

送迎バスに揺られ、かなりのロングドライブ。
海ばかりではない山の道をゆくのも楽しい。
着いたところは川。

受付を済ませ、乗船するとリバークルーズの始まり。
まるでディズニーランドのジャングル・クルーズそっくりな船に乗って
海の向こうのアドベンチャーランドに向け、出航です。

マングローブ生い茂る川を下って、海に出ると
今度は海の向こうにある島へと進んでいきます。
川下りの船のまま海を渡るので、ちょっとびっくり。

真っ青な空と海、砂浜の白。
このコントラストは南の島そのもの。
夢の楽園です。

島影も見え、海岸には手を叩いて歌う人の姿が。
船が着くと、腰蓑を付けた二人組が歓迎の挨拶をしてくれました。

案内され、クッキーとジュースでもてなされ
オリエンテーションが始まりました。

充実したプログラムで、飽きさせないようびっしり。
どれを選択したら良いか、一瞬悩みますが
最初にシューノーケリングをチョイスしました。
シュノーケリングに行かない人は、レイ作りができるようです。

来た時の船で、かなり沖に連れて行ってもらいました。
絶景のスポットと説明されました。
泳ぎには自信があるものの、ライフジャケットを装着し海に入りました。

ガイドさんの「ここだ!」の声で、いっせいに海を覗き込むと
色とりどり、大小さまざまな魚が泳いでいました。
水族館の水槽に迷い込んだよう。
次々と何箇所も案内してもらい、それぞれの場所で
違うタイプの魚に出会い、感激でした。
泳ぎに自信がなくても、ガイドさんのカヌーにつかまらせてもらえば安心です。
ランチに間に合うように、船で島へ戻ります。

ランチは「ロボ料理」でバナナの葉に包んで、熱した石の上に乗せ
蒸し焼きにしたものなどですが
ランチの前に「ロボ料理」の実演があり、
蒸し焼きになっている食材を見せてもらいました。

すべての食材を取り除いたあとで、
熱く焼けた石の上を歩く火渡りもしてくれました。

チャーハンのようなもの、カレーもあり、お腹いっぱいになりました。
チキンや魚も大変美味しく、ふかしさつまいもは最高に美味しかったです。
ついつい、さつまいもを食べ過ぎてしまいました。

食事が終わると、フィジアン・ダンスが始まります。
力強い、男性のダンス。やさしく優雅な女性のダンス。
フラダンスよりもタヒチアンダンスに似ています。
最後にはファイアーショーも!
屈強な男性陣の、組み体操的なフォーメーション。
素晴らしいの一言に尽きます。

そして、ブッシュ・ウォーキング。
フィジーに生息する薬草などを教えてくれます。
蚊が多いので、蚊よけは必要です。

ココナッツ割や、カニのレースなど
楽しく、参加できるプログラムのおかげで
一日を飽きることなく過ごせました。

この日は日本人参加者は私のみ。
日本語を話せるスタッフもおりません。
でも、片言英語で参加者、スタッフのみなさんと仲良くなれました。

どちらかというとこのツァーは外国人好みだと思います。
じっとしているのが苦手な方、積極的に楽しみたい人向けです。
かくいう私は、とても楽しかったです。



  • リバークルーズの始まり


  • 海に出ると島影が見えます


  • 腰蓑付けたフィジアンがお出迎え


  • ロボ料理


  • 蒸しあがったポテトの試食


  • 火渡り


  • ランチ・ビュッフェとフィジー・ゴールド(ビール)


  • 王様の格好


  • 女王様の格好

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/01/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ロビンソンクルーソーアイランド 日帰り観光ツアー <英語ガイド付き>の参加体験談 | フィジーの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ロビンソンクルーソーアイランド 日帰り観光ツアー <英語ガイド付き>の参加体験談 | 本島沖から40分のところに位置するロビンソンクルーソーアイランド。ショーや無料体験型アクティビティーを楽しみながら嬉しいランチ付きの日帰りツアーの予約はこちら。