日本からの長距離フライトでクタクタの時、また楽しい観光が終わり、体力を使い果たしてしまった折り、大きなスーツケースを引きずって自力で移動するのは骨の折れる作業です。空港―ホテル間の送迎サービスを使えば、慣れない土地で重い荷物をかついで右往左往する心配がありません。ウィーン国際空港(シュベヒャート空港)とウィーン市内をつなぐ交通機関には電車やバスがあり、所要時間は20分ほどですが、言葉に不安のある方や、地図や時刻表に苦手意識のある方、体力を温存したい方には送迎サービスのご利用をオススメします。
9アクティビティ
1/1ページ
  1. 中欧を周遊で是非訪れてみたい世界遺産の街、チェスキークルムロフ!世界一美しい町と評される世界遺産の街チェスキークルムロフへザルツブルクからプラハ移動の際に、立ち寄り観光はいかがですか?一石二鳥のお得なサービスです。
    送迎付き

    EUR145.00

    毎日
    12時間 (午前)
  2. 中欧を周遊で是非訪れてみたい世界遺産の街、チェスキークルムロフ!世界一美しい町と評される世界遺産の街チェスキー・クルムロフへザルツブルクからウィーン移動の際に、立ち寄り観光はいかがですか?一石二鳥のお得なサービスです。
    送迎付き

    EUR140.00

    毎日
    11.5時間 (午前)
  3. 個人では移動が大変なドイツ・ミュンヘンにザルツブルクから楽々アクセスできる送迎サービスです。国境を越えた移動でも、2時間45分であっという間にお送りします。貸切チャーターなので、気兼ねなくご参加ください。
    送迎付き

    EUR370.00

    毎日
    3時間 (午前, 午後, 夜)
  4. 個人ではアクセスが不便なインスブルックにザルツブルクから楽々アクセスできる送迎サービスです。そびえたつアルプスの山々を背に、中世の面影を残す町並みをお楽しみください。貸切チャーターなので、気兼ねなくご移動いただけます!
    送迎付き

    EUR425.00

    毎日
    2.5時間 (午前, 午後, 夜)
  5. ザルツブルクから、電車では最低2度乗継が必要となるチェスキー・クルムロフ。見知らぬ土地で大きな荷物を持っての移動は大変ですが、都市間送迎サービスを利用すれば楽々移動できます!3つの時間帯から選べる嬉しいプラン。
    送迎付き

    EUR75.00

    毎日
  6. ウィーン~ザルツブルクを観光する方は多いと思いますが、慣れない海外に加えて、大きな荷物を持って都市間を移動するのは大変ですよね。都市間送迎サービスを利用すれば、お泊りのウィーンホテルからザルツブルク間を楽々移動できます!
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR820.00

    毎日
  7. 見知らぬ土地で交通機関を利用するのは大変!スーツケースなど大きな荷物を持っている旅行中はなお更です。そんな時に便利なのが駅とホテル間の送迎サービス!貸切チャーターなので、周りのお客様を気にすることなく、リラックスして移動ができます。
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR65.00

    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  8. 見知らぬ土地で交通機関を利用するのは大変!スーツケースなど大きな荷物を持っている旅行中はなお更です。そんな時に便利なのが空港とホテル間の送迎サービス!貸切チャーターなので、周りのお客様を気にすることなく、リラックスして移動ができます。
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR65.00

    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  9. ザルツブルクを出発し、チェスキークルムロフの散策をたっぷりと満喫した後は、隣国チェコのプラハまでお送りします。荷物の心配もなく、ザルツブルクからプラハまで移動したい方へぴったりのツアー。プライベートチャーターなので安心・快適!
    送迎付き

    EUR94.00

    グループ割引
    毎日
    10時間 (午前)

エリアからツアーを探す

空港送迎・トランスファー のおすすめランキング | オーストリア(ザルツブルク)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

日本からの長距離フライトでクタクタの時、また楽しい観光が終わり、体力を使い果たしてしまった折り、大きなスーツケースを引きずって自力で移動するのは骨の折れる作業です。空港―ホテル間の送迎サービスを使えば、慣れない土地で重い荷物をかついで右往左往する心配がありません。ウィーン国際空港(シュベヒャート空港)とウィーン市内をつなぐ交通機関には電車やバスがあり、所要時間は20分ほどですが、言葉に不安のある方や、地図や時刻表に苦手意識のある方、体力を温存したい方には送迎サービスのご利用をオススメします。