ロケ地の舞台だけでなく、戦後のウィーン史にも迫ります

投稿者: grand piano, 2016/05/15

アジア系は私ひとりでしたが、参加者は総勢12人と意外にも多かったです。
集合場所も大通りに面した駅前で分かりやすかったです。

ガイドさんは英語、ドイツ語を交えてでしたが、ゆっくり分かりやすく丁寧に説明してくれました。「第3の男」を好きだけでなく、戦後のウィーンなど時代背景にも関心があるのか詳しいようで、説明にも熱が入っていて好感を持てました。

映画のシーンを写真とともに照らし合わせながらユーモアを交えて説明してくれます。
まさか映画のあの場面が、ここだったのかと驚きがいっぱいでした。あと戦後のウィーンも大変だったんだなぁということが良く分かりました。

第3の男を御覧になったことある方は、かなりお勧めです。


  • ハリーの初登場シーンのドア

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/04/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

今も残るロケ地 ああここだったのか!

投稿者: モネの母, 2015/07/05

1949年の映画のロケ地 今もウィーンの街のあちこちにあったのが驚きでした。
集合場所は シュッタトパーク ヨハネスガッセ入り口前とありますが 集合場所の位置が 地図と違っていましたが 道路に面した入口ですので すぐにわかりました。日本人は 私ともう御一人 あとはドイツ人 アメリカ人 アジア系の全員で10人ほどでした。ガイドはドイツ語と英語の2か国語でした。いきなり英語 いきなりドイツ語と変わりますが 説明は面白かったです。撮影の時のエピソードがいくつか。ヨハネスガッセでの集合場所も 行ってみたら 選んだ理由が なるほどでした。ウィーンの街を 2時間ほど歩きました。映画の写真を見ながら この場所で間違いないと 確認しながら。カメラの位置 ライトの位置 正に映像のマジックを見せられた感がありました。60年たっても未だに 人気のある映画 撮影場所が残っていたことにまず感動 最後は何と ハリーが隠れ立つドア 映画の中では ハリーの靴に猫がじゃれたあの場所は ベートーベンの住んでいた家の近くでした。おまけがあって チターで 第三の男の演奏を聞いて 解散でした。心残るロケ地巡りでした。よくここまで探し見つけたと思うほどでした。帰国してから 真っ先に 第三の男のDVDを見ました。またウィーンの街の見方が 変わります。  


  • ここも映像マジック 王宮広場

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/06/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

映画「第三の男」の舞台へ!ロケ地を巡るウィーン市内観光ツアー<ウィーン発>の参加体験談 | オーストリア(ウィーン)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

映画「第三の男」の舞台へ!ロケ地を巡るウィーン市内観光ツアー<ウィーン発>の参加体験談 | 第二次世界大戦後のウィーンを舞台にした名作「第三の男」。このツアーでは当時からほとんど変わらないウィーンの撮影場所をガイドつきでご案内します。映画ファンはもちろん、まだ観ていない方も楽しめます。