歩くのは少し大変?でも良かったです

投稿者: 匿名希望, 2016/01/17

スキーなどでは入れない場所にも行きたかったので、申し込みました。靴と靴下の暖かいものを貸して頂き、スノーシューズを選んで出発。町の中を歩いて抜けて、子供の遊び場などが用意されている緩やかな傾斜地(林の入口)へ。シューズを履いて出発すると、雪に沈むことは全くないものの、歩幅広めに腿をきちんと上げ下げしないと勧めないので、歩くのはちょっと力がいりました。途中、兎やリスの足跡などを説明してもらいながら、歩くこと15分。林の開けたところで休憩がてらベリージュース(これがまたおいしかった)をもらい、また歩いて戻ってきました。林の奥は喧噪も届かず、空気が澄み渡っていて静か。ずっと眺めていたいような静寂です。冬のレヴィは本当に日が短く、午後3時になると夕暮れ。林の樹のこずえを這うようにして移動した太陽が沈んでいく夕日が見られます。途中、シューズが外れてしまった人もいましたがガイドさんがチームの前後ろに一人ずつ付き、すぐに対応してくれます。30分くらいの散歩ですが、これ以上だと体力きついかも。外国の60代以上のオジサマ・オバサマも大勢グループに参加して楽しんでいたので、足腰が悪い方でなければ十分参加可能と思います。


  • リスの足跡


  • 林の静謐の中沈む夕日

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/01/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

スノーシューズでラップランドの大自然ウォーキング<12月~4月/昼/レヴィ発>の参加体験談 | フィンランド(フィンランド)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

スノーシューズでラップランドの大自然ウォーキング<12月~4月/昼/レヴィ発>の参加体験談 | 雪深い場所へもスイスイ歩けるスノーシューを履いて、一面銀世界の大自然へ探索しに行きましょう。ブーツでは歩けない森の中も、スノーシューがあれば楽々と散策が楽しめます。静寂の中、自然の息吹を感じながらウォーキングを楽しみます。