現地でしか食べられない美味を求めて!水牛のモッツァレラといちじく生産地訪問ツアー<終日/英語ドライバー/昼食付/ナポリ発>

17476123_s

水牛のモッツァレラの生産地パエストゥムと、いちじくの村と呼ばれるほどおいしいいちじくができるプリニャーノ・チレントを訪れる1日ツアーです。水牛のモッツァレラは乳牛のそれとは違い、多少時間をかけてでも訪れて食べる価値ありです!

  • 17476123_s
  • パエストゥム神殿
  • VEL-009
☆ツアーのポイント
1. 他では味わえない試食ができる!
 できたて水牛のモッツァレラ&絶品いちじく♪
2. カゼイフィーチョ・バーロッティでランチ!
3. 古代ギリシャの遺跡が残るパエストゥムへ!

■パエストゥムのモッツァレラ
ここパエストゥムの水牛のミルクから作るモッツァレラを試食します。水牛のモッツァレラは希少で、イタリアでは乳牛のモッツァレラとは厳密に区別されています。時間をかけて訪れてでも味わってみる価値のある味。

■催行会社「The Wine Bus」
ソムリエでもある日本通の若きオーナー Gaetanoさんが経営。ワインやチーズなどの南イタリアの美味を懇切丁寧にご案内します。幼少期に日本のアニメを見て育ったオーナーは、現在でも大の日本アニメファン。「北斗の拳」はオリジナルのDVDを全巻ご自宅にお持ちとのこと!近々ご結婚予定のガールフレンドは日本人で、目下日本語を猛勉強中です。オーナー自らが同行することもありますので、移動中に日本の話題で盛り上がってください!
▼ さらに詳細を見る
価格を円で表示
価格を現地通貨で表示
(税込) 最低価格保証実施中!
1 日時を選択してください
2 数量(人数・台数・時間など)を選択してください
大人子供共通(0歳以上)
EUR 242.00
JPY 30,130
即予約確定EUR 0.00JPY 0
EUR 0.00
JPY 0
お見積り金額:
※金額は概算です。
オプションや開始時間により変わることがあります。
大人子供共通(0歳以上)
EUR 242.00
JPY 30,130
※1名様での参加は料金が異なります。
EUR 440.00
JPY 54,782
ポイント1%還元!
  • 所要時間(送迎含む): 10.5時間
  • 開催曜日: 毎日
  • 送迎: 送迎あり
  • 含まれるもの: アクティビティ中の交通費/英語ドライバー/モッツァレラ試食/いちじく試食
パッケージの詳細・スケジュール
スケジュール&ロケーション
  • スケジュール
  •  
  • ピックアップ場所
  •  
  • お送り場所
  •  

  • 08:30 ホテルお迎え、出発
  • 10:30 パエストゥム(Paestum)到着
    カゼイフィーチョ・バーロッティ(Caseificio Barlotti)訪問
    ☆モッツァレラ試食
  • 11:45 パエストゥム聖堂立ち寄り
    (入場料別途)
    ※天候の良いときのみ立ち寄ります。
  • 12:30 昼食
    カゼイフィーチョ・バーロッティのレストランにて(ランチ代別途)
  • 14:15 パエストゥム出発
  • 14:45 プリニャーノ・チレント(Prignano Cilento)到着
    Santomiele訪問
    ☆いちじく試食
  • 16:45 出発
  • 18:45 ナポリ到着
ご注意・ご案内
催行会社
よくある質問
このアクティビティに関する問い合わせは こちらから よくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください
お支払方法/キャンセルポリシー
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
    *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
キャンセル料について
  • 予約確定日から、予約総額の100%
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。

VELTRAは最低価格保証!
他に安いのを見つけたらこちらをクリック

EUR 242.00

(税込)

JPY 30,130

(税込)

最低価格保証 & ポイント 1% 還元!
送迎 あり
所要時間(送迎含む) 10.5時間
開催曜日 毎日
最初の体験談を投稿しませんか。

お気に入りリストに追加しました!

現地でしか食べられない美味を求めて!水牛のモッツァレラといちじく生産地訪問ツアー<終日/英語ドライバー/昼食付/ナポリ発> | イタリア(ナポリ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

水牛のモッツァレラの生産地パエストゥムと、いちじくの村と呼ばれるほどおいしいいちじくができるプリニャーノ・チレントを訪れる1日ツアーです。水牛のモッツァレラは乳牛のそれとは違い、多少時間をかけてでも訪れて食べる価値ありです!