ソグネフィヨルド ひとり旅

投稿者: Chami, 2016/11/01

オスロからベルゲンまでは飛行機を利用。ベルゲンからオスロまでフィヨルド観光しながらのツアーはないかと探していました。地球の歩き方にも載っている〇〇トラベルも検討しましたが、こちらの方がレスも早く価格も安かったので申し込みました。
ベルゲン鉄道は予約が必要ですが、口コミには右側おすすめと書いてあり、運良く右側の席でした。(もしかしたらリクエストしてくれたのかも)

フロム到着後、すぐにミュダール行きに接続する電車の予約ではなかったのは、ミュダールでは観光するところがなく、不便だからかと思いました。個人で取っていそうな方々はみなさん電車で移動されてました。

こちらでの申し込み、おすすめです。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/10/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ベルゲン駅からは左側、ボスからは右側がおすすめです

投稿者: ふわふわ, 2016/10/22

工事のためフロム鉄道に乗れませんでしたが、その分の返金をしてもらえました。
フロム鉄道に乗らずにバスで引き返すルートになりました。

ツアーではなく、1日乗車券をベルゲン駅の窓口で引き換えるだけなので、現地購入でもよかったかなと思いました。
ただ価格差はあまりなかったです。

ベルゲン駅からは左側、ボスからは右側がおすすめです。
ボートはデッキを自由に歩き回れます。
寒かったですが、とても綺麗で満足しました。
天気がよかったのでフロム鉄道に乗れなかったのが悔やまれます。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/10/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

新型船は早くて空いています

投稿者: フィヨルドペンギン, 2016/10/03

9月下旬にベルゲン~オスロで利用しました。
途中,フロムで2泊しています。
ボートは新型船を選択しましたが,乗継に少し余裕があり,到着も早く,旧型船より空いていたので気が楽でした。
家族連れ(1歳8か月の娘)の旅行でしたが,列車の旅はそれほど長く感じませんでしたよ。強いて言うならば,ミュールダールからオスロの間は時間がかかるので,早目にオスロに到着する列車を予約することをお勧めします。


  • フロムからミュールダール行きの列車


  • ベルゲンからヴォス行きの列車


  • クドヴァンケンからフロム行きの新型船(1番は旧型船,5番が新型船です)


  • ヴォスからグドヴァンゲン行きのバス(3台ほど泊まっています。950番のバスです)

評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2016/09/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

綺麗だった!

投稿者: iik, 2016/09/04

船内はそこそこの広さがあり、スーツケースを持ち込んでいる人も結構いた。スケジュール上はタイトに見える乗り継ぎ時間だが、特に急かされる場面もなかったので、荷物アリで移動しても問題ないように見えた。(ピーク時期を外れていたからかもしれない)


評価:
利用形態:家族
参加日:2016/06/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]

効率よく回れます

投稿者: 匿名希望, 2016/08/30

移動が長いので忙しいですが、効率よく回れるので、短い旅行の人にはおすすめです。
予定の時間が遅れることもなかったです。


  • フィヨルドクルーズ

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/08/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

素晴らしい天気の中、大自然を満喫

投稿者: だいすけ, 2016/08/14

夫婦2人、娘2人(8歳と4歳)の4名での参加でした。
他の方のブログでは曇り空がほとんどで当日も心配していましたが、幸いにも素晴らしい天気でのツアーでした。ツアーメインのフィヨルドのクルーズでは、天気が良いおかげで奥の奥、隅々までフィヨルドを形成する巨大な崖、海(湖?)を心ゆくまで楽しむことができ、非常に貴重な体験ができました。
また、ベルゲン鉄道、フロム鉄道全て時間通りに発着したので、安心してツアーを回ることができました。思っていたよりも乗り心地が良く、いつもは酔う娘も問題なかったようです。フロム鉄道では絶景ポイントでゆっくり移動したり、停車したりしてくれるので写真撮りまくりました。

当方、 ベルゲン発着、ミュールダール経由のツアーで、ベルゲンに着いたのが夜9時でしたが、ベルゲン観光局で問題なくチケットを受け取ることができました。夜到着の方はこちらでの受け取りをご利用ください。


評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2016/08/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

最高の絶景が楽しめます!

投稿者: フィヨルド, 2016/08/13

8月上旬に参加しました。 ベルゲン駅入るとすぐにバウチャー交換ができ、乗り継ぎも分かりやすくスムーズです。
天気が曇りでしたが、壮大な景色は圧巻です!!船の甲板はとても寒いので、ダウンジャケットやカイロが大活躍でした。


評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ベルゲン〜オスロ (バス運行中止により、バス, フェリー乗れず)

投稿者: Kimi, 2016/08/08

 楽しみにしていましたが、ヴォス〜グドヴァンゲン間の道路がふさがってしまっており、予定のナットシェルのルートを辿る事は出来ませんでした。
 予定を変更し、ミュールダールまで電車で移動し、フロム鉄道でフロム〜ミュールダール間を往復した後、オスロへ向かいました。
 バスおよびフェリーを楽しむ事は出来ませんでしたが、電車からの景色だけでもかなり楽しめました。フロム鉄道も良かったのですが、ピーク時期のためかトラブルのためかわかりませんが、かなり混雑しているため、ゆったりと景色を楽しむ雰囲気ではありませんでした。一方、あまり期待していなかったミュールダール〜オスロ間のベルゲン鉄道は指定席(かなりくつろげる)という事もあり、かなり楽しめました。
 後でわかったのですが、ベルゲン〜フロム間のフェリーも運行しているようなので、バスが運行中止となった場合は、そちらを利用する方がより景色を楽しめるかもしれません。

- 追記-
 後日、連絡があり、予定のルートを利用出来なかったという事でチケット代金返金の申し出がありました。返金頂ける事はもちろん嬉しいのですが、アフターサービスまできっちり対応頂ける事に感激しました。また、VELTRAを利用したいと思います。
 


  • ミュールダール駅


  • フロム駅


  • ミュールダール〜オスロ間

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/07/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

駅の受付(チケット交換)は混みます。

投稿者: yua, 2016/08/06

7月上旬に参加、当日は時々雨の天気で、寒さ対策で持って行ったフリースとウィンブレが船の上でとても役立ちました。
朝のベルゲン駅でのバウチャーと周遊チケットの交換は、スムースですが結構混みます。7月のハイシーズンでカウンターの職員は2名のみ、テキパキと仕事はしてくださるのですが、その場でいろいろ質問をする観光客も多く、1件1件に時間がかかり、結果長蛇の列。私は比較的早めに行ったこともありさほど待ちませんでしたが、ホームで並びながらふと振り返ると出発直前にもかかわらず結構な列ができていました。可能であれば前日に引き換えてしまうか、当日の場合は30分前くらいには行かれた方がいいと思います。
肝心の周遊は、乗り継ぎも特に迷うことなく快適でした。(唯一迷ったのは船に乗る際、2つ船があり「どっち?」となりましたが、職員が列の整理などをしているのでチケットを見せればすぐ教えてくれます)
面白かったのはバス、とても大型バスで通れるとは思えない、S字カーブというよりはヘアピンカーブで、ほかの観光客も大興奮でした。
フィヨルド自体は実は1時間ほどで少し飽きてしまった(…)ものの、ノルウェーに来たのならやっぱり一度は見てみたかったですし、バスや滝(電車で途中とまります)もよかったので、参加して正解でした。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/07/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

フィヨルドを堪能!!

投稿者: mameko, 2016/07/31

列車、船、バスと様々な乗り物からのフィヨルドを楽しみました。お昼ご飯をベルゲンのフィッシュマーケットで買って持っていきました。時間のある乗換駅で食べることもできると思います。曇りでしたが、船は結構寒かったです。風を通さない上着が必要でした。申し込み時に送られてきたタイムスケジュールとチケットのタイムスケジュールが違っていて、どの船に乗船すればよいか迷いました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/07/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

「ノルウェー・ナットシェル」周遊チケット<ベルゲン~ヴォス~オスロ>の参加体験談 | ノルウェー(ノルウェー)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

「ノルウェー・ナットシェル」周遊チケット<ベルゲン~ヴォス~オスロ>の参加体験談 | ベルゲン、オスロ、フロムを基点に、便利な周遊パスでフィヨルド観光へ!人気のフロム鉄道やフィヨルドクルーズに乗って、フィヨルド地方の絶景をお楽しみください。出発地から到着地まで、必要なチケットがすべてセットになっているのでお得で安心です。