満喫した竹富島

投稿者: ayako, 2016/09/27

出発する時間は選べるようで、いろいろ廻りたかったため、朝一のコースを選択しました。
7時40分に離島ターミナル平田観光カウンターで受付しました。
桟橋のところにあった具志堅銅像と写真をとってから、8時出発の船に乗り、15分位で竹富島到着。
一緒に廻ってくれる添乗員がいないので少し不安な気持ちもありましたが、グラスボードの担当の方が桟橋で待機してくださっており、迷うことなくすぐにグラスボートへ。
グラスボートは貸切で2人で贅沢に30分のグラスボートを堪能することができました。
台風が近づいてきてるらしく風がありましたがボートはそれほどゆれることもなく、初めて見る海の底でサンゴ礁と魚達を見ることができました。
大きなシャコ貝も見ることできてよかったです。
残念だったのは今年、台風上陸が少なく水温度が下がらなかったため珊瑚が白化してしまってるところが多かったです。
桟橋に戻るとバス観光のドライバー(女性)が待ってくださっており、ミニバン(こちらも貸切状態)に乗って島を廻りながらカイジ浜へ。
車から降りて、10分ほど星砂収集をしました。
ドライバー兼ガイドさんによると砂は掴まずに指二、三本を砂に押し付けて引っ付いてきた分から探すといいそうです。
ちなみに砂ごと持ち帰るのは禁止のようです。
黒い下敷きの上に砂を散らして探すと探しやすいとか。
星砂は星の砂は有孔虫の殻が堆積したものだそうですが、こちらの浜でも年々温暖化の影響でとりにくくなってるといわれました。
集めた星砂を入れる小瓶を持参するとよいと思います。

その後、コンドイ浜(車窓)に立ち寄ってから水牛のいる新田観光へ案内してくださいました。
コンドイ浜は車窓でしたがシャワーや更衣室(無料)があり、後で立ち寄って海水浴もよいかもしれないですよと教えてくださいました。
水牛は新田観光受付で受付後、30分ゆらりゆらりと水牛観光をしました。
島の文化も色々教えてもらいました。
こちらのお墓はとっても大きく、ちょっとした家のようです。
なぜこんなに大きいかというと昔はすべて土葬だった名残だそうです。
シーサーは陶芸家じゃなくて瓦屋さんが手作りで毎回作るそうで、一軒ずつすべて表情が違いました。
途中、水牛が立ち止まってしまってなんだろう?と思っていると案内の方が暑いから水をかけてくれと言う催促だそうで、ここの場所にシャワーがあるのを水牛が覚えており、
暑い場合は立ち止まってシャワーをかけてほしいと要求するそうです。
シャワーをたくさん浴びるとガイドの方がまだ乗ってないのに勝手にゆっくりと発車してしまいました。
水牛は賢く何回も同じ道を歩くと道のりを覚えるそうで、狭い石垣の道を内輪差を考えて回ることもできるようになるそうです。牛が内輪差とは、賢すぎです。
石垣は台風対策だそうで珊瑚使ってました。こちらも珊瑚を積む専門の職人がいるそうです。
ドラゴンフルーツがサボテンからなっていたことに驚きました。
行きかう石垣にドラゴンフルーツがありました。

なごみの塔もありましたが、こちらはちょうど旅行に行った10日前から立ち入り禁止(老朽化のため途中の階段までしか上れない)になってとのことでした。
補修が完了すれば、また登れるようになるかなと思います。
石垣島と異なり、昔からの瓦屋根の平屋にシーサー、珊瑚の石垣で時が止まったようでした。
次回は、こちらの竹富島にも1泊して、夜の星空を眺めてみたいと思います。


  • グラスボード シャコ貝


  • 民家の石垣にあったドラゴンスイーツ


  • グラスボードから見る魚達


  • 黒い下敷きに乗せたカイジ浜の砂 星砂を見つけやすい


  • 竹富島の町並み


  • カイジ浜入り口


  • 具志堅銅像


  • カイジ浜

催行会社からのコメント

ayakoさん

ayakoさん、こんにちは。

状況が目に浮かぶほど本当に詳しく書かれているんで、
私のちょっとした知識よりへ~そうなんだ・・・・と、とても勉強になりました。
良い旅の記録ですね、

また是非投稿くださいね。ありがとうございました。

      「らっこ」

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/09/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

竹富島を手短かに満喫するのに最適なツアー

投稿者: いばりこぶた, 2016/05/05

竹富島は小さな島で観光に特化しています。私たちは平田観光さんにお世話になると思いきや、実際には往復の船もグラスボートもバスも水牛車も、みな地元の各々の会社間でバトンリレーのようにつないで下さいます。これが効率よく回転しますので、石垣島も離島も初めてだった私たちには好適だったと思います。


  • カイジ浜での星の砂探し


  • カイジ浜

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/05/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

竹富島フリープラン 水牛車・グラスボート・バス観光・ビーチ遊び・サイクリング・地元のおじい&おばあとの散策など島の魅力を自由に満喫<石垣島発>の参加体験談 | 石垣島・八重山の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

竹富島フリープラン 水牛車・グラスボート・バス観光・ビーチ遊び・サイクリング・地元のおじい&おばあとの散策など島の魅力を自由に満喫<石垣島発>の参加体験談 | 石垣島から1番近い離島 竹富島へ。定番の水牛車、グラスボート、観光バス、サイクリングのほか抜群の透明度を誇るコンドイビーチへの送迎付プランなど自由に選べます。島のおじぃ・おばぁと一緒に散策する思い出深いプランも人気です!