ディープなコザ市

投稿者: アヲイトリ, 2016/01/17

那覇のまちまーいは何度か参加しているのですが、コザ市のは初めて。
こちらの方が早く始まっているとのことでしたが、ロケーションから普及が難しいのかも。

コザは夜の街で基地の街、繁栄の跡が残っていてとてもかっこいいのですが、シャッターが降りた昼の廃退した雰囲気もまたいい。
たしかに日本なのですが、ドルが使えて、お店も独特、飲食店も海外のようです。

沖縄の歴史や戦争についても色々と考えさせられる貴重な街だなぁと思いました。

もう少し空港や那覇からの移動が簡単であれば、もっと賑わうのかな?

最近は那覇にも東京風のおしゃれなカフェや雑貨店が増えてますが、どうせ移住するなら、
このくらいディープな街で営業してもらいたいなぁ。




評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/12/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

コザウォーキングツアー 米軍基地の影響と現状を知る<沖縄市>の参加体験談 | 沖縄本島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

コザウォーキングツアー 米軍基地の影響と現状を知る<沖縄市>の参加体験談 | 嘉手納空軍基地の門前町で、多文化が共生するコザの街。昔ながらの商店街を散策したり、戦中・戦後のモノや風景を展示した資料館「ヒストリート」を訪れます。「ちゃんぷるータウン」を体感し、米軍基地の影響と現状を考える体験型平和学習です。