佐竹ガラス
SATAKE GLASS MFG
取り扱いエリア: 大阪
情報最終更新日: 2016/01/27
日本で唯一戦前から続く工芸用色ガラス棒製造工場で、和泉市の伝統産業であるガラス細工の材料や、日本一の製造量を誇った和泉市の人造真珠の核となる原玉を供給した歴史的なガラス工場で、建物は国の登録有形文化財に指定されています。
バーナーワークとは、バーナーの炎でガラスを熔かし成形する技法で、ランプワーク、フレームワークとも呼ばれています。
蜻蛉玉とは、真ん中に穴があいた模様があるガラス玉の事で、日本では昔からそう呼ばれています。
昔は貴重だったので、日本、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、ネィティブアメリカ等で貿易通貨としても使われました。
火曜・水曜日は、タイミングがあえば、カラーロッドと呼ばれる棒ガラスの製造工程も見学できます。
又、併設のSHOPでガラス細工やアクセサリー・バーナーワーク用品等の販売や、WEBでの通信販売も行なっています。
1アクティビティ
  1. バーナーでガラス棒を熔かし、簡単なトンボ玉を作ります。模様が有る、真ん中に穴があいたガラス玉の事を、蜻蛉玉といいます。世界に一つだけの、オリジナル作品を作りませんか?親切丁寧にご指導いたしますので、初めての方も安心してご参加ください。

    JPY1,500

    平日
    2時間

佐竹ガラス | 大阪の観光&遊び・体験・レジャー専門 VELTRA(ベルトラ)

佐竹ガラスが運営する大阪ツアー一覧