1908年に発表され、100年以上経った今も世界中から愛され、映画化やミュージカル化もされた名作『赤毛のアン』。その舞台であるカナダ西部のプリンスエドワード島で、“アンの家”グリーンゲイブルズを見学したり、著者L・M・モンゴメリの生家を訪れたりして、『赤毛のアン』の世界に浸りましょう。モンゴメリが育ったキャンベッシュ村には、同作品に出てくる「恋人の小径」や「輝く湖水」、「おばけの森」のモデルとなった場所が多数あり、本物のアンが出てきそうな雰囲気です。ファンはもちろん、『赤毛のアン』のことを知りたい!という方にもおすすめ。また、のどかな風景は、『赤毛のアン』ファンでなくても十分に楽しめますよ。
2アクティビティ
1/1ページ
  1. クリスマスのライトアップは12月のプリンスエドワード島では見逃せないものの一つです。ロマンチックなシャーロットタウン、クリスマスの飾り付けで有名なノースラスティコを巡り、一軒のお宅にお邪魔してお茶をいただきます。
    日本語対応あり
    送迎付き

    CAD90.00

    月, 火, 水, 木, 金, 土
  2. 赤毛のアンに縁のある場所、冬の見所を一日で全て周ります。昼食はロブスターのサンドイッチとプリンスエドワード島名物のポテトをどうぞ。キャベンディッシュ・フィギュリーン人形工場では、赤毛のアンに扮装して写真を撮ることもできます!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD175.00

    月, 火, 水, 木, 金, 土
    6.5 ~ 7時間 (午前)

「赤毛のアン」とモンゴメリーゆかりの地 観光ツアー | プリンスエドワード島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

1908年に発表され、100年以上経った今も世界中から愛され、映画化やミュージカル化もされた名作『赤毛のアン』。その舞台であるカナダ西部のプリンスエドワード島で、“アンの家”グリーンゲイブルズを見学したり、著者L・M・モンゴメリの生家を訪れたりして、『赤毛のアン』の世界に浸りましょう。モンゴメリが育ったキャンベッシュ村には、同作品に出てくる「恋人の小径」や「輝く湖水」、「おばけの森」のモデルとなった場所が多数あり、本物のアンが出てきそうな雰囲気です。ファンはもちろん、『赤毛のアン』のことを知りたい!という方にもおすすめ。また、のどかな風景は、『赤毛のアン』ファンでなくても十分に楽しめますよ。