アメリカでは2015年6月以降、全ての州で同性婚が合法になりました。ラスベガスのあるネバダ州も、2014年10月より同性婚が認められています。日本では残念ながらまだ認められていないものの、世界ではあらゆる国と地域で認められ始めています。

「愛に性別は関係ない」という愛の誓いをラスベガスで交わしましょう。男性同士も女性同士も大歓迎のウェディングプランをご紹介します。
2アクティビティ
1/1ページ
  1. アメリカでは全州で合法になった"同性婚"(LGBTウェディング)ボンジョビなどのセレブも結婚式を挙げ、数々の映画にも登場したラスベガスのグレイスランド・ウェディング・チャペルで、あこがれの海外挙式はいかがでしょうか。
    送迎付き

    USD412.12

    毎日
    2時間 (午前, 午後, 夜)
  2. 褐色の大地「レッドロックキャニオン」で行うアウトドア・ウェディングプラン!ラスベガスの大自然の中で、二人の愛の絆を永遠のものにしましょう。写真・映像撮影、ロングリムジンでの送迎付き。ネバダ州より「結婚証明書」が発行される本格プランです。
    送迎付き

    USD1,166.00

    毎日
    3時間 (午前, 午後)

ラスベガス テーマから探す

同性婚ウェディング (ウェディングフォト/ ウェディングセレモニー) | ラスベガスの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

アメリカでは2015年6月以降、全ての州で同性婚が合法になりました。ラスベガスのあるネバダ州も、2014年10月より同性婚が認められています。日本では残念ながらまだ認められていないものの、世界ではあらゆる国と地域で認められ始めています。 「愛に性別は関係ない」という愛の誓いをラスベガスで交わしましょう。男性同士も女性同士も大歓迎のウェディングプランをご紹介します。