とってもおすすめ

投稿者: 旅好き, 2016/11/01

 ツアー中ずっと日本語ガイドさんがついてくれるので、安心のツアーです。エアーズロックリゾートの概要、展望台の位置、ホテルのチェックインまですべて丁寧に教えてくれるので、英語ができなくても大丈夫なようにサポートしてくれます。
 1日目は残念ながら曇りで、サンセットも星空も見れませんでしたが、2日目は晴天で、日の出がきれいに見えました。日の出のポイントには展望台があり、最初は展望台の上で見ていましたが、混雑するし前に木があったりするので、実は一番ウルルに近い少し下りた部分のほうがきれいに写真がとれました。
 9月に参加しましたが、ウルル登頂は今年に入ってまだ8回しかゲートがオープンになっていないとのことで、正直あきらめていましたが、運よく上ることができました。ただ、登頂はかなりハードなので心しておいた方が良いです。体力にはまずまず自信がありましたが、最後までたどり着いて往復するので時間いっぱいで、最後のくだりはかなり足がガクガクでした。途中であきらめている人の方が多かったようです。それでも、一生に一度の経験なので、登頂できてとてもよかったです。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/09/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エアーズロック

投稿者: NNN, 2016/10/18

1泊2日で参加しました。
空港到着時こそ曇っていましたが、ツアー開始後はきれいに晴れていました。
サンセット、日の出ともに素晴らしいウルルの光景を見ることができました。
ウルル登頂も、大変でしたが、達成できました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/10/16
この体験談は参考になりましたか? [はい]

おなか一杯の2日間

投稿者: 空飛ぶ海豚, 2016/10/16

妻と2人で参加しました。最初にこのツアーを見つけた時は値段がとても高いなと思いながら、他に現地ツアーがないこともあり半信半疑の状態で申込みました。

ツアー中はもちろんのこと、当日空港に着いてからホテルへのチェックインまでの流れ、また帰りの航空機の搭乗手続きまでの対応はとても丁寧で、安心して過ごすことができます。

日の出・日の入り前後のウルル周辺の景色の移り変わりは最高の一言!!
あとは他のレビューとほぼ一緒ですが、ウルル登山について補足します。


私たちが参加した日は山頂付近が強風のため登山道が朝から閉まっており、ツアー中も周辺の散策や近隣の資料館巡りを挟みながら3回ほど確認してくれましたが、結局登山道は開かず。

翌日再挑戦できるプランではありましたが、10:25発のアリススプリングス行きの飛行機に搭乗予定だったので実質的に再挑戦は不可能(シドニーへの直行便なら可能)だったのと、翌日の予想最高気温が36°Cを超えるということで8:00以降は登山道が閉まることが確定しており条件的にも厳しい状況でした(他にも色々条件があるみたいですが、乾季の間は気温と風による閉鎖が多いようです)

登山をする気満々で来たので多少心残りに思いながら帰り際に登山道の方に目をやると、
あるはずのCLOSEの看板が外れているではありませんか!
「あれっ、登山道開いたんじゃない...!?」と思わず口に漏らすと、それに他のツアー参加者も反応してバスの中がざわつき始め、このまま登山させろ的な雰囲気に (笑)

収集がつかなくなりそうな状況にガイドさんからはツアー後空港へ向かう参加者もいるので、一旦ホテルに戻ると言われましたが、ホテル到着後1人60ドルでウルルまで往復の送迎バスも利用できるので、登山希望者はバスを申込んで下さいと案内されました。(再度ウルルに着いた時点で登山道が空いてる保証はできないことも併せて)ちなみに、ガイドさんは登るとガイドの資格が剥奪されるらしくウルル登山の経験はないそうです。

幸い11:30発のウルル行きのバスがあったので、すぐに送迎バスを申込みウルルへ向かいました。(乗車の際にドライバーから帰りは14:00 or 16:00どちらのバスに乗るのかもきかれます)

ウルル到着前に登山道に人がいることをバスの中から確認しテンションを上げながら登山を開始しましたが、途中休憩や写真を撮りながらゆっくり登って2時間半程度掛かりました。(説明を受けたときは登り1時間、下り50分と聞いたのに対して)特にチェーンの付いてるエリアは傾斜がキツく、表面が滑りやすいところもあるので底のすり減ったスニーカーで登山する際は要注意だと思います。私自身高い所への苦手意識は全くありませんが...登っている最中に突風が吹くと怖いなと思うことが何度もありましたし、それなりの覚悟で登る必要があるなと改めて痛感しました (汗)


雲ひとつない恵まれた天候の中、ガイドさんの説明を受けながらウルル及びカタジュタの周りを散策するだけでも十分に元を取れた気分になりましたが、さらに念願のウルル登山も叶ってこれ以上ないほど満喫することができました。
ということで、評価は文句なしの星5つで!!

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/10/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

概ね良かったが、もう少し気配り心配りが欲しかった。

投稿者: カラヤン, 2016/09/26

天気は多少の小雨はあったが、登山以外は内容通り満足できる内容であった。ちょっと気になったののが何点かあった。○出迎えの空港で、スタッフがトイレの時間を充分にとらず、全員集まっていないのに説明をし始めた。質問の答えにも無愛想。○散策ツアーの際、ガイドがひとり歩くのが速く、客に合わせようとしない。集まっていなくても、説明し始める。○登山可能か否かを3度見に行って×だったが、最後の散策途中で登山okになった。10~15分程度でも、時間延長してくれれば登山体験を実感できる期待したが、空港の送る人がいたため、無情にも出発した。融通がきかないツアーだった。高い料金の割に・・・。不完全燃焼が残った。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/09/07
この体験談は参考になりましたか? [はい]

素晴らしい大自然

投稿者: tomo, 2016/09/11

ケアンズから空路でウルルへ。空港は小さいのでピックアップの係の方がすぐにみつけてくれ、バスに乗ってリゾートに向かいました。ホテルに着いたらリゾートの説明をしてくれて、カタジュタへ行くまで自由行動です。お昼を食べたり、展望台に行っていると集合時間になりました。時間がなかったのでいけませんでしたが、リゾート内のはラクダ牧場もあるらしいです。
カタジュタをよく知らなかったのですが、岩の間を歩くとすごい迫力で自然の力の偉大さを感じました。岩の赤や空の青い色がとてもきれいで素晴らしかったです。
カタジュタのあとはウルルのサンセット会場へ。日が沈むときに真っ赤になるウルルを見ているとはるばる日本から来てよかったな~と思いました。サンセット会場で提供された野菜スティックやフルーツもおいしかったです。
翌日は5時半集合でサンライズへ。朝は寒いのでサンライズ会場で暖かい飲み物があってありがたかったです。サンセットとサンライズでは日光の強さが異なり、ウルルの違った景色が楽しめました。続いてウルル登山へ。この日は朝から登山可能で早速上り始めました。傾斜がすごい&風がすごいので、無理せず自分のペースで登るようにしたほうがいいです。大変な登山ですが、登った時は周りが見渡せて、素晴らしい景色でした。
滞在費やツアー代など決して安くはないですが、一度は行くべきところだと思いました。
ツアーでは散策後に冷たい麦茶やおしぼり用意してくれたのがとてもうれしかったです。
ガイドブックではハエがいっぱいいると書いてありましたが、冬なので全然見かけませんでした。虫もいないし気温も調度いいのでウルルは冬に行くべきです。


  • カタジュタ


  • 月とウルル

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

先住民の心に触れられたツアー

投稿者: MiwakoChiho, 2016/09/10

今回私たちは、ウルルサンセット⚫サンライズツアーに参加しました。出発前は気温や天気、虫等を心配していましたが、私達が参加させていただいた時季は、朝夕は少し肌寒かったものの天気は快晴で虫も少なく過ごしやすかったです。現地スタッフの人は日本の方で、空港到着時から帰国までとても親切に対応をしてくださいますので、英語が話せない方でも安心して楽しむことができると思います。
初日のサンセットツアーは、初めにカタジュタの風の谷を散策しました。ウルルにだけ注目していたのでその存在も知らなかったのですが、とても迫力があり美しい場所でした。こちらの場所も見る価値大です。その後のウルルのサンセットは、スパークリングワインを片手に、刻々と表情を変えていく美しい姿を優雅に観賞しました。二日目のサンライズは、サンセットとはまた違った角度からのウルルの色の移り変わりはもちろんのこと、ビルも電線もなく無限に広がる空に浮かんでくる朝日の観賞は、なかなか見ることのできない貴重な経験となりました。
個人的には、ガイドとのふもと散策が一番印象に残っています。ここではウルルを間近に見ることができました。下から上へと眺め、その壮大さに感動しながらガイドの話を聞き、ウルルと先住民との歴史や関係性、文化等を肌身で感じることができます。これは、ポストカードやポスター等では見ることも知ることもできない、行った人だけの特権です。
本当に行って良かったと思いますし、決して忘れることのできない素晴らしい思い出になりました。ちなみにですが、天気が良ければホテルから少し離れるだけで、満点の星空プラス天の川も見ることができます。こちらもお勧めです。


  • ウルルサンライズ


  • ウルル サンセット


  • カタジュタ

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/09/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

一生の思い出に残る体験をさせてくれたツアーでした。

投稿者: 中井 雄三, 2016/09/07

「エアーズロック(ウルル)サンセット&サンライズ鑑賞とカタジュタ(オルガ岩群)散策ツアー<空港送迎付き/2日間> /スタンダードプラン」 に参加しました。
全般を通して、申し分なく、感謝の気持ちしかないようなツアーです。絶対にお勧めします。
空港到着時は、その日のガイドさんが空港で待っており、ホテルまで送ってくださいます、
ホテル到着後、少し時間をおいてサンセットツアーに参加しますが、カタジュタは直射日光が強い時間になると思われますので、帽子およびサングラスを持って行った方が良いです。カタジュタと呼ばれる場所はあまり有名ではありませんが、実際に行くと圧巻です。とても綺麗で是非お勧めします。
その後の、サンセットツアーはシャンパン付きツアーに参加しました。ちょっとリッチな気分で素晴らしい景色を見れますし、シャンパン越しの逆さウルルの写真も取れました。
刻一刻と過行く時間とともにエアーズロック(以下ウルルという。)は全く違う顔に代わっていき感動。その場にいた方だけしか体験できません。日が沈んだ後の景色も画になります。
ちなみに現地は晴れる日が多い地区ですのでそこまで天気を心配されなくてもよいのかなと思います。(絶対とは言えませんが。)
9月の夜はまだ肌寒いので、ジャケットのようなものを持っていかれた方が良いです。天気が良い地区ですので放射冷却の効果および乾燥してるので急に気温が落ち込みます。
サンライズは、現場でお茶とクッキーをいただけます。外国人観光客も多数来ますので早めの展望台での場所取りをお勧めします(少し寒いですが・・・。)。
ここも、太陽の角度により全く異なるウルルの顔を見れます。私たちの時は少し霧雨があったため不安でしたが、当日はどんどん雲がはけていくとともに、逆に霧雨のおかげで虹のかかったウルルを見れました。感無量です。
その後、ウルル登頂は天候によりできませんでした。しかし、登頂しない方、できなかった方のプランとして、ふもとを歩く散策ツアーや、カルチャーセンター見学などもあり有意義に過ごせます。原住民の方々の暮らしや、文化に触れられますし、散策ツアーは気持ちが良いです。ウルルへのハグができる場所もあります。
最後はしっかりと、空港まで送って下さるとともに、航空機搭乗時の諸注意なども丁寧に教えてくださいました。
今回のオーストラリア観光の中で一番の思い出となりました。私は2名のガイドさんにお世話になりましたが、それぞれ知識豊富で、ユーモアで、安心してツアーを過ごせました。
余談ですが、現地では2泊以上の宿泊をお勧めします。ウルル登頂は天候制限が厳しいです。その際は次の日に再度参加できます。もし、1泊だけだと再登頂の権利を放棄せざるおえなくなります。またツアー以外にも、リソート地区では展望台があるため、昼のウルルや、夜は天の川など満天の星空が見れます。一日ゆっくりリゾート地で過ごすのもアリです。
夜は、各ホテルにレストランもありますので食べ比べをするのもよいと思われます。
私は、カンガルーとクロコダイルとエミュのお肉を食べました。
リゾート地区内はスーパーも近くにあります。
決して値段は安くないと思いますが、個人で行くよりは遥かに充実した日を過ごせるとともに、安心して観光できます。


  • サンセット会場到着時のウルル


  • 時間が経つにつれ、代わっていきます。


  • 日没後のウルル


  • サンライズに、サプライズレインボー

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/08/31
この体験談は参考になりましたか? [はい]

参加して良かったです

投稿者: renden, 2016/09/01

一人旅、一泊二日で行きました。
近くでエアーズロックやカタジュタを見るにはツアーかレンタカーしかないと思いますが、レンタカーは万一を考えるととてもお勧め出来ません。携帯電波入らない、誰もいない、そんな状況ですから。
ガイドさんや運転手さんは皆さん良い方でした。詳しくガイドをしてくれるので、安心だし、勉強にもなります。
エアーズロックを見たときは、その雄大さと、遠く日本からここまで来たかという気持ちからとても感慨深かったです。
ただ、自分が鈍感なのか、最高の天気の中でサンセット、サンライズとも見ましたが、自分が思っていたほど感動しなかったです。
散策では色々と先住民の文化に触れたりガイドさんの説明を聞き、とても勉強になりました。先住民がどのような歴史を経てきたのか興味が湧きましたので、帰国したら勉強してみたいです。他の方も書いていらっしゃいましたが、登山口に先住民の人たちが書いた「登らないでください」という看板があります。自分で判断する必要があると思います。
ディナーの内容は、ステーキ1枚とサイドメニューでカンガルーの肉、ラムソーセージ、エビガーリック、焼き鳥、サラダなどです。こちらはどれも思っていた以上に美味しかったです。特にカンガルーはレバーに似た味で美味しかったです。ステーキ以外は食べ放題、アルコールも各種飲み放題です。
その後に星空鑑賞をしましたが、これはめちゃくちゃ感動しました。あんなにはっきりと綺麗な天の川を見たのは人生で初めてです。南十字星や沢山の星、それを見ながらガイドさんが色々と説明してくれます。
ディナー付きと無しのプランで1万3千円ほどの違いがありますが、オーストラリアの物価を考えると、あの食事内容と星空ガイド付きなので損をした気分にはならなかったです。
希望としては、星空を見ながらあと30分から1時間ぐらい酒でも飲みながらゆっくり出来たら良かったなーとの思いで、星一つマイナスにしました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/08/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

圧巻。

投稿者: H.Tsukuura, 2016/09/01

雨天のためサンセットが見られず、その翌日も朝だけ雲があったため肝心のサンセット&サンライズが完遂されなかったのが残念です。それでも雨の中のカタジュタ&エアーズロック散策になりましたが、決して日本では感じることのできないスケール感のものを間近で見ることができましたし、日本人スタッフののYUさんのガイドにより自然遺産と文化遺産の両側面を余すことなく感じることができました。YUさんのトークにのせられて、雨天のマイナスポイントも”めったに見られない雨の表情”(岩山から滝が流れる様子など)を見ることができたという、プラスポイントと捉えることができて良かったです。

<登山?とんでもない>
そこの説明に関しては大分不十分でした。とてもじゃないけど素人がスニーカーで登れるような傾斜ではない上に、天候の関係で実際に登山ができるのは2割に満たない(雨天NG、強風NG、路面濡れNG)とか。バスでの道すがら延々と「登れる可能性は低い」「原住民は登ってほしくないのです」トークが続き、おいおいと思いました。注意事項等隅々まで読んだはずでしたがそんな記述はありませんでしたしね。
傾斜を見た瞬間に「あれは無いね笑」とあきらめがつきましたが、そうならそうと事前告知が欲しかったです。


  • 残念だったサンセット


  • 惜しかったサンライズ


  • 帰りのバスからやっと全景が見られた!


  • 岩山のふもと散策は圧巻ですよ

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/08/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

まあまあです

投稿者: まこと, 2016/08/31

他のツアー客の方もたくさんいらっしゃるなか、日本人ガイドの方が手際よく取り仕切っていたので、あまりストレスを感じませんでした。敢えて申し上げるのであれば、夕食がバーベキューとは名ばかりで種類も少ないビュッフェ形式であったのが残念でした。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/06/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

エアーズロック(ウルル)サンセット&サンライズ鑑賞とカタジュタ(オルガ岩群)散策ツアー<空港送迎付き/2日間>の参加体験談 | エアーズロックの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

エアーズロック(ウルル)サンセット&サンライズ鑑賞とカタジュタ(オルガ岩群)散策ツアー<空港送迎付き/2日間>の参加体験談 | 1日目はサンセット、2日目はサンライズをご鑑賞いただける贅沢なツアー。ツアー前後の空港送迎&搭乗手続き&ホテルチェックインサポート付き。感動の瞬間をお見逃しなく!ツアーのご予約はコチラ!