星空に感動

投稿者: かなりあ, 2016/08/23

エアーズロックは少し遠い場所にありましたが、サンセットを見ながら食事と音楽、そして星空鑑賞を楽しむことができました。星空は素晴らしかったです。
送迎も付いているため、安心して楽しむことができました。


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/08/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

最高でした!

投稿者: タナー, 2016/07/19

バウチャーに記載されている集合時間は17時でしたが、実際には17時15分でした。変更の可能性もあると記載されていたので、注意はしていたので変更にすぐ気付けました。ホテルの前にsound of silenceとかかれた看板が出されていてそこに17時15分ピックアップと書かれていたのですぐに分かりました。
あちこちの国からの参加者で、大型バスはほぼ満席状態でした。
ウルル、カジュタが見える小高い丘に行き、そこでシャンパンやビール、ソフトドリンクなどを配られ自由に飲めました。またちょっとおしゃれな前菜のようなものも沢山の種類があっておいしかったです。
雲ひとつない晴れた日で、夕日と夕日に照らされるウルルはとても綺麗でした。飲み物はお代わり自由でした。
その後、食事会場に移動してお食事タイム。10人1テーブルで、色んな国の人がそこに座り、英語でコミュニケーションを取り合う感じです。多少の英語力がないと少し辛いかもしれません。暖かいスープとパン、そしてメインはテーブルごとにビュッフェスタイルで取りに行きます。色々なお肉もいっぱいあり美味しかったです。お酒もワインやビールなど飲み放題でした。
徐々に日の暮れていく空は本当になんとも言えない綺麗な色でした。
その後に、英語の星空鑑賞を聞き、それがひと段落した頃に、日本人の方が来てくれて少し離れてところに連れて行かれ、南十字星や蠍座、火星、木星、天の川を説明してくれました。
偶然にも流れ星も見えて最高でした。
そして、その後にデザートブッフェで、ポートワインなどもあり美味しかったです。
知らない人とも私たちは拙い英語でしたが、会話して楽しかったです。




評価:
利用形態:家族
参加日:2016/07/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

曇りで星空が残念でした

投稿者: 匿名希望, 2016/05/05

総勢70人程度で、日本人(日本語スタートーク参加者)は4人でした。
私たちはメルボルンやシドニーからの方々のテーブルに案内されて、英語の会話に圧倒、ちょっと辛かったですね。
日本語スタートークはデザート後に参加の日本人だけ別の場所に呼ばれて(曇りで何も見えない夜空を見上げながら)サザンクロスの位置とかその後の英語でのスタートークの内容を前もって説明してもらうというものでした。


  • 最初にスープ


  • クロコダイルやカンガルーの肉もいただきました。


  • デザート

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/04/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルルに来たなら是非参加されてください!

投稿者: Sachi, 2016/04/15

お迎えの大型バスに揺られて まずはサンセット会場へ。
シャンパンとカナッペでウルル鑑賞です。アボリジニのダンスは陽が落ちてから始まりました。
そのあとに歩いて数分のディナー会場へ移動します。
8人掛けの大きなテーブルがいくつも並んでおり スタッフの方が席の割り振りをしてくださいます。
ビュッフェスタイルのディナーはスタッフが声掛けして取りに行く順番を決められてますので混み合う事はありませんでした。
お料理の味はともかく 周りの景色の雄大さウルルとカタジュタを眺めながらのお食事は忘れられない物だと思います。
陽が完全に落ちると テーブルの真ん中のろうそくと最小限の小さな灯りがあるだけで空には満天の星!
あんなに気になっていたハエも居なくなって優雅なディナータイムを過ごせました。

デザートが出てお食事が終わると スタートークの始まりです。
有名なサザンクロスや天の川も肉眼でハッキリ見えました。
たくさん星が見えすぎて 星座が解らなくなるくらいでした。

今思い出してみても あんなすばらしいディナーは他では味わえないでしょう。
ウルルへ来たなら是非参加されてください!強くお勧めいたします。


  • 夕陽がウルルに当たって刻一刻と色が変わっていきます


  • 乗り心地のいい大型バスでした


  • カタジュタ(マウントオルガ)も美しいシルエットに


  • アボリジニのダンスはムービー禁止でした


  • ディナー会場からの夕景。ディナー会場は徒歩数分の所にありました。


  • 大きな丸いテーブルにセッティングされていました


  • ビュッフェスタイルで各自お皿に取るようになっています。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/04/08
この体験談は参考になりましたか? [はい]

曇りだったが

投稿者: まるい, 2016/04/04

直前まで小雨が降っているくらいで、天気は悪かったです。しかし、曇り気味でもそれはそれで、サンセットは美しかったと思います。ちょっとウルルまでの距離が遠い会場だったかな…。ビュッフェはもう少し期待していました。でも星空トークが面白かったし、同行者も良かったといってくれました。同じテーブルだった中国の方達とも仲良くなれました。


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/03/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

星空が綺麗でした

投稿者: Omochi, 2016/01/05

夕陽を浴びるウルルを見ながらシャンパンを頂き、ディナー会場に移動。8人掛けの大きなテーブルに案内されるため、ツアーに参加している初対面の方達と向かい合わせになります。2人きりでディナーという感じではないですが、たまたま隣に座られた日本人のご夫婦と仲良くなり、それはそれで楽しかったです。
ディナーはテーブルブッフェです。カンガルー肉が意外と美味しいです。
暗くなると星がとても綺麗に見えます。すべての明かりを消し、レーザーポインターを使って丁寧に星の説明をして頂きました。
あんなにきれいな星空は初めて見ました。

エアーズロックリゾートはハエがたくさんいるのでなかなか大変です。頭からフライネットを被るなり、工夫をすると良いかもしれません。










評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/12/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

とっても良かったです。

投稿者: えんき, 2016/01/04

12月末に参加しました。

当日は晴天でとってもよい星空を見ることができました。
天気に左右されるツアーだっただけにとってもラッキーでした。

料理については色々書かれていますが、個人的には満足です。
日本語ガイドはつけませんでしたが、それなりに英語のガイドを理解することができました。

私が参加したときは、日本人の団体客(シルバー層)がいたのですが、それを除くと、欧州、アメリカからの参加者が多い印象を受けました。


値段ははりますが、それだけの価値があるツアーだったと思います。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/12/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

言葉に言い表せないほど素敵な時間を過ごせました!

投稿者: Dansan, 2015/12/22

夕方17時頃ホテルにてピックアップ。エアーズロックの見える小高い丘に登ると一人のミュージシャンがアボリジニの民族楽器でお出迎え。音楽を聴きながらブリットとカナッペ。カンガルーのカナッペに初挑戦!私には「ちょっと…」エアーズロックが夕暮れで見えなくなる頃、丘を下った砂漠?ブッシュの中にローソクの明かりに照らされた真っ白なテーブルが目に飛び込んできました。「何という演出!」もうここからテンション上がりっぱなしです。円卓は8人づつ座るようになっていて私たちのテーブルは日本の新婚さんとアメリカの新婚さん、イギリスからやってきた初老夫妻でした。さて話も弾み食事(メインはブッフェスタイルですがギャルソンがエスコートしてくれるので混雑なしです)も終わりアボリジニダンスのあと、真っ暗な中で星座の話(日本で言う所の織姫と彦星みたいな話でした)を聴いていると眼が暗闇に慣れてきてとても幻想的な気分になれます。そんな中大きな流れ星が・・・今宵は非日常的な環境でのお酒、食事、お話と、とても心地好く酔いました。


  • カタジュタに夕日が沈んでいきます。18時45分


  • テーブルの向こうにエアーズロックが…夕日を静かに受けています。19時5分


  • アボリジニ人達によるダンス


  • 民族楽器による演奏と「月」

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/11/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エアーズロック サンセット鑑賞&星空ビュッフェディナー

投稿者: Shintan, 2015/05/04

▼時期:2015年3月に参加
▼感想:食事はグループ毎のテーブルでは無く、何名かで一つのテーブルを囲むスタイル。食事はビュッフェスタイル、ドリンクはアルコール含めて飲み放題。会場での案内(星空の説明も含めて)は基本的に全て英語で他の参加者も殆どが欧米の方々。英語がある程度使用できれば交流を楽しむことも出来るが、英語が苦手であれば多少居づらい空気を感じるかもしれません。
ただ全体の雰囲気としてはとても良いので、「特別感」を感じることはできるかと思います。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/03/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

星空満喫

投稿者: オケイチャン, 2015/03/07

2015年2月14日のSound of Silenceに参加しました。当日のPick upは6時30分でバウチャーに記載されていた時間より30分遅くなりました。3台のバスが来て、乗車字に指定されたバスに乗る事になります。国立公園の中なのかと思い、入場券を用意して行きましたが、私たちのバスは公園とは反対方向へ向かい、UluruとKata Tjutaが同距離に見える丘の近くの会場に20分程で到着しました。他の2台のバスは全く見えないので何処へ向かったのか不明です。当日のSunsetは7時30分頃でしたので、最初は丘の上で飲み物を飲みながら、ワニやカンガルーの肉のカナッペを食し、Sunsetを楽しみました。日が暮れると、丘の下に用意された、ブッフェ会場に向かい、ここでもテーブルが指定されました。同テーブルにはアメリカのインデイアナポリスから来た2組の夫婦、メキシコからの一組、上海からの兄弟と私たちの10人が振り分けられました。
グループで来た場合には、そのグループで同じテーブルについていた様です。食事は各テーブル毎に順番に取りに向かい、混雑しない様にしていました。食事の内容は特殊な肉が用意されている以外、特に目立ったものは有りません。
食事の合間に、アボリジニの人達による、踊り、デイジュリドウーの演奏が入ります。
私が最も感動したのは、食事が終わり、テーブルのランプ照明も消された時、月も出ていなかったので、真っ暗闇の中、南半球でしか見られない天の川を中心とした満天の星空でした。
私たちには見慣れない、南半球の星々ですが、其処に星空を説明してくれる人が現れ、強力な懐中電灯を使って、星座や星の見つけ方を教えてくれました。天体望遠鏡も用意されていて、説明が終わった後には、自由に見る事も出来ました。
月が出ていると、無い時の70%程の星しか見えないそうです。このツアーに参加されるときは月齢表(netで各月のものが確認出来ます)を確認して、新月の近辺を選ばれるのが最良の方策と思います。
天体観測が終わるとバスが迎えに来て、ホテルに戻りました。到着は10時30分を過ぎており、これもバウチャーに記載されている時刻より1時間遅くなりました。
日本では見る事の出来ない南半球の星空を満喫出来たツアーでした。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/02/14
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 |

エアーズロック サンセット鑑賞&星空ブッフェディナー <サウンド・オブ・サイレンス> 砂漠の会場でアボリジニの民族楽器を聴きながら。の参加体験談 | エアーズロックの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

エアーズロック サンセット鑑賞&星空ブッフェディナー <サウンド・オブ・サイレンス> 砂漠の会場でアボリジニの民族楽器を聴きながら。の参加体験談 | こちらはウルルを見渡せる小高い丘の上にある砂漠の特設会場で行う特別なディナープランです。アボリジニの民族楽器を聴きながら、サンセット鑑賞&満点の星空の下でのビュッフェディナーをお楽しみください。事前予約はこちら!