アドゥエレファント国立公園は、南アフリカ共和国、ポート・エリザベスの近くにある、野生動物保護区として作られた公園です。南アフリカ内にある、19の国立公園のうちの一つで、広さ1640平方キロメートルと、国内で3番目の大きさを誇ります。1年に12万人以上来園者があり、海外からの来園者が54%を占めます。ドイツ人、オランダ人、イギリス人が主に訪れています。また、世界で唯一、アフリカのビッグ7を全て保有している公園でもあります。
歴史
アドゥエレファント国立公園には、600頭以上の象、400頭のケープバッファロー、絶滅寸前のクロサイ48頭、アンテロープやアンテロープ亜科が生息しています。また、ライオンやハイエナも、このエリアに再導入されました。その他、飛ぶことのできない糞虫も、園内のあちこちに見られます。植物も多様性があり、いくつかの珍しい品種や、土着の植物が育っています。とりわけ、水分の多い低木や地中植物は、南アフリカ地域土着の植物です。

見どころ
アドゥエレファント国立公園は、この地域に11頭だけ残っていた象のサンクチュアリとして、1931年に創設されました。公園の保護政策は功を奏し、現在では600頭もの象が生息するようになりました。創設以来、拡張が行われ、セントクロア島やバードアイランドまで続いています。バードアイランドには12万羽以上もの鳥が生息しており、セントクロア島の周りは豊富な海洋生物の生息地となっており、これらを含むと総面積が3600平方キロメートルとなります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

南アフリカの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

アドゥ・エレファント国立公園 (観光情報) | 南アフリカ観光| VELTRA(ベルトラ)

アドゥエレファント国立公園は、南アフリカ共和国、ポート・エリザベスの近くにある、野生動物保護区として作られた公園です。南アフリカ内にある、19の国立公園のうちの一つで、広さ1640平方キロメートルと、国内で3番目の大きさを誇ります。1年に12万人以上来園者があり、海外からの来園者が54%を占めます。ドイツ人、オランダ人、イギリス人が主に訪れています。また、世界で唯一、アフリカのビッグ7を全て保有している公園でもあります。