ウエスト・コースト国立公園 (観光情報) (観光情報) | 南アフリカ観光 VELTRA(ベルトラ)
ウエストコースト国立公園は、南アフリカ共和国の南西部、ケープタウンの北100km西ケープ州に位置する国立公園です。大西洋に面しており、美しく澄んだ海をのぞむことができます。海岸線と並行に伸びる潟は、長さ26km、幅6.5kmの南アフリカ最大の湿地帯になっており、世界ラムサール条約湿地に指定されています。ウェストコースト国立公園は、8月と9月の間、ワイルドフラワーが見ごろを迎え、この時期にあわせ多くの観光客が訪れます。
歴史
ウエストコースト国立公園は、重要野鳥生息地に指定されており、湿地帯ではアフリカペンギン 、アフリカミヤコドリや絶滅危惧のケープカツオドリをはじめ250以上の鳥がコロニーを作りその姿を観察できます。また毎年8月から9月にかけてミナミクジラが海岸線に沿って泳ぐ姿が見られ、世界屈指のホエールウォッチングポイントになっています。公園内では豊かな自然を眺めながら、サイクリング、ハイキング、カヤックなど楽しむことができます

見どころ
ウエストコースト国立公園は、ランゲバーンラグーンとそれに面する塩性の湿地帯、そしてサルダナ湾沖合の島の環境や生態系を保全し、野生動植物を保護する目的で設立されました。公園内の長い海岸線は第二次世界大戦中は滑走路として利用されていました。公園内のでは1995年に地質学者によって117万年もの前の若い女性の足跡「イブの足跡」が発見されています。「イブの足跡」のレプリカはウェストコースト国立公園内のインフォメーションセンターで見ることができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

南アフリカの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ウエスト・コースト国立公園 (観光情報) | 南アフリカ観光| VELTRA(ベルトラ)

ウエストコースト国立公園は、南アフリカ共和国の南西部、ケープタウンの北100km西ケープ州に位置する国立公園です。大西洋に面しており、美しく澄んだ海をのぞむことができます。海岸線と並行に伸びる潟は、長さ26km、幅6.5kmの南アフリカ最大の湿地帯になっており、世界ラムサール条約湿地に指定されています。ウェストコースト国立公園は、8月と9月の間、ワイルドフラワーが見ごろを迎え、この時期にあわせ多くの観光客が訪れます。