ウカランバ・ドラケンスバーグ公園 (観光情報) (観光情報) | 南アフリカ観光 VELTRA(ベルトラ)
ウカランバドラケンスバーグ公園は、南アフリカ共和国のクワズール・ナタール州にある、数々の野生生物が生息する自然公園です。南アフリカ共和国とレソトをまたがるドラケンスバーグ山脈内の地域が指定されており、ここではロイヤル・ナタール国立公園やロテニ自然保護区、カンバーグ自然保護区、ムクホマジ原生自然地域、ハイムーア国有林などをはじめとした、複数の自然保護区や公園・国有林で構成されている自然保護地域となっています。
歴史
南アフリカ共和国内で4件目に世界遺産に登録された、ウカランバドラケンスバーグ公園の見どころとしては、3,000mの雄大な山々が美しいドラケンスバーグ山脈をはじめ、ヒゲハゲタカを筆頭に希少で価値ある動植物の姿を見ることができたり、カンゴー洞窟など4,000年以上の歴史を誇るサン人の文化的な記録が残る岩絵群など、非常にたくさんの風景・光景があり、一度や二度では到底回りきれないほどたくさんの魅力的なもので溢れています。

見どころ
1993年に、ロイヤル・ナタール国立公園をはじめとした、国立公園や国有林や自然保護区をまとめて、ひとくくりで「ウカランバドラケンスバーグ公園」と設定されました。1997年にはラムサール条約の登録地になり、さらに2000年にはその雄大な自然美と生物の多様性からなる自然性や、岩絵が密集し古代の文化を伝える文化的・歴史的な側面の両方面が認められ、UNESCOの世界遺産リスト(複合遺産)に登録されました。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

南アフリカの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ウカランバ・ドラケンスバーグ公園 (観光情報) | 南アフリカ観光| VELTRA(ベルトラ)

ウカランバドラケンスバーグ公園は、南アフリカ共和国のクワズール・ナタール州にある、数々の野生生物が生息する自然公園です。南アフリカ共和国とレソトをまたがるドラケンスバーグ山脈内の地域が指定されており、ここではロイヤル・ナタール国立公園やロテニ自然保護区、カンバーグ自然保護区、ムクホマジ原生自然地域、ハイムーア国有林などをはじめとした、複数の自然保護区や公園・国有林で構成されている自然保護地域となっています。