クルーガーズドープ動物保護区 (観光情報) (観光情報) | 南アフリカ観光 VELTRA(ベルトラ)
クルーガーズドープ動物保護区(Krugersdorp Game Reserve)は、南アフリカ共和国の北東部のクルーガーズドープにある動物保護区です。南アフリカ共和国最大の都市であるヨハネスブルグの北西約30キロメートルの場所にあります。およそ1500ヘクタールに敷地を誇り、さまざまな動植物が生息しています。アフリカライオンの群れや、キリン、シロサイなどの野生動物を見ることができ、多くの観光客が訪れています。
歴史
南アフリカ共和国では、アフリカゾウ・アフリカライオン・ヒョウ・サイ・バッファローをビッグファイブと呼んでいます。クルーガーズドープ動物保護区には、ビックファイブのうちアフリカゾウを除く4つの動物が生息しています。その他には、ダチョウや水牛、インパラ、シマウマなどが生息していて、野生で生活している様子を見ることができます。クルーガーズドープ動物保護区では、特にライオンの保護に力を入れていて、ライオンが水牛を食べる姿も見ることができます。

見どころ
クルーガーズドープ動物保護区のあるクルーガーズドープは、1887年に建設された都市です。産金都市として発展していて、多くの人が住んでいます。そのため、ヨハネスブルクからの電車が通っていて、観光しやすい街です。クルーガーズドープ動物保護区には、車で入ることができ、近くで野生動物を見ることができます。キャンプも可能なエリアもあり、雄大な自然を楽しむことができます。コテージタイプの宿泊施設もあるため、気軽に宿泊することもできます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

南アフリカの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

クルーガーズドープ動物保護区 (観光情報) | 南アフリカ観光| VELTRA(ベルトラ)

クルーガーズドープ動物保護区(Krugersdorp Game Reserve)は、南アフリカ共和国の北東部のクルーガーズドープにある動物保護区です。南アフリカ共和国最大の都市であるヨハネスブルグの北西約30キロメートルの場所にあります。およそ1500ヘクタールに敷地を誇り、さまざまな動植物が生息しています。アフリカライオンの群れや、キリン、シロサイなどの野生動物を見ることができ、多くの観光客が訪れています。