キリマンジャロ国立公園 (観光情報) | タンザニア観光 VELTRA(ベルトラ)
タンザニアにあるキリマンジャロは、標高5895メートル、アフリカ最高峰の山です。海抜900メートル程度の海岸沿いの低木地帯から隆起した山で、世界一の独立峰でもあります。世界中からの登山ツアーが多く、1週間ほどかけて頂上の噴火口を目指します。最高峰のウフルピークへ行くには事前交渉が必要になります。頂上へは6つのトレッキングルートのほか登山ルートがあり、標高の低い所には自然遊歩道があるので、体力に合わせて登山かハイキングかを選べます。
歴史
キリマンジャロ国立公園の見どころは、5つの気候帯を肌で感じられる点です。コーヒーやバナナ畑が広がる低地、象や豹、バッファローなどの哺乳類を見ることができる麓のサバンナは赤道から300キロメートルの所だと実感できます。標高3000メートル付近は草原や低木が広がる高山湿地帯になり、ジャイアントロベリアなどのキリマンジャロ独特の植物が自生し、標高4000メートル付近の高山砂漠には寒さに強いコケ類が生息しています。山の南東斜面には美しいチャラ噴火口湖があります。

見どころ
キリマンジャロは1848年、ドイツ人宣教師により発見され、ヨーロッパに報告された山です。当初はサバンナに頂上が雪に覆われた山があるはずがないと信じてもらえませんでした。1861年に登頂の試みが始まり、1889年10月に初めて火口の縁、キボ峰の頂点に到達しました。キリマンジャロ国立公園は、「輝く山」の意味を持つキリマンジャロを中心とした国立公園で、タンザニア独立後の1973年に国立公園に制定、1987年に世界遺産に登録されました。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

タンザニアの観光地一覧

キリマンジャロ国立公園 | タンザニア観光| VELTRA(ベルトラ)

タンザニアにあるキリマンジャロは、標高5895メートル、アフリカ最高峰の山です。海抜900メートル程度の海岸沿いの低木地帯から隆起した山で、世界一の独立峰でもあります。世界中からの登山ツアーが多く、1週間ほどかけて頂上の噴火口を目指します。最高峰のウフルピークへ行くには事前交渉が必要になります。頂上へは6つのトレッキングルートのほか登山ルートがあり、標高の低い所には自然遊歩道があるので、体力に合わせて登山かハイキングかを選べます。