マトボの丘群は、ジンバブエ南部の都市ブラワーヨの南約35kmに位置しており、花崗岩質の小丘と渓谷からなる、3100km²に及ぶ広大な岩石地帯です。そのうち440km²はジンバブエ最古の国立公園であり、花崗岩の奇石が続く奇観や、ムポポマ川渓谷の美しい景観などの景勝地が含まれています。これらの丘は、地表に押し出されてきた花崗岩によって20億年前に形成されたもので、「マトボ」は「はげ頭」を意味します。2003年には世界文化遺産に登録されました。
歴史
マトボの丘群には、花崗岩の奇石からなる光景はもちろんですが、他にも見どころがあります。国立公園内にはクロサイ、シロサイ、キリン、シマウマなどの野生動物が生息しています。また、この岩石地帯には洞窟や岩肌に3500点に及ぶ岩絵群が存在します。これらの岩絵群は、およそ2000年前にこの丘に定住したサン人によって残されたとされています。さらに、アフリカのナポレオンと呼ばれたセシル・ジョン・ローズの墓などもあります。

見どころ
マトボの丘群には、およそ2000年間にサン人が定着し、岩絵群が残されているほか、洞窟や渓谷の裂け目からは粘土製の炉をはじめとする加工品が見つかっています。1896年には、第二次マタベレ戦争に際して白人入植者とンデベレ人指導者の間で会議が持たれました。この地ではこの時代の戦いの記憶となるものが多数見つかっています。また、古くからショナ人をはじめとするアフリカ南部の人々の霊場とされてきたところであり、様々な儀式や宗教行事が行われています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

エリアからツアーを探す

マトボの丘群 (観光情報) | ジンバブエ観光| VELTRA(ベルトラ)

マトボの丘群は、ジンバブエ南部の都市ブラワーヨの南約35kmに位置しており、花崗岩質の小丘と渓谷からなる、3100km²に及ぶ広大な岩石地帯です。そのうち440km²はジンバブエ最古の国立公園であり、花崗岩の奇石が続く奇観や、ムポポマ川渓谷の美しい景観などの景勝地が含まれています。これらの丘は、地表に押し出されてきた花崗岩によって20億年前に形成されたもので、「マトボ」は「はげ頭」を意味します。2003年には世界文化遺産に登録されました。