マナプールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域は、ジンバブエ北部に位置する野生生物保護地域です。マナプールズ国立公園は2,190平方kmの広さを持ち、手つかずの豊かな自然に恵まれており、多くの野生動物や野鳥が生息しています。この地域は、ザンベジ川中流域に位置しており、雨期のたびに氾濫して、一帯が湖の様になり、乾季には水が引き一面が草原へと姿を変えるユニークな湿地帯です。観光のピークは6月〜10月の水が引く乾季です。
歴史
乾季は水場を求めてゾウやバッファロー、カバ、ワニなどの大型の野生動物が集まる姿を観察することができます。肉食動物が少ないので、車だけでなくウォーキングでのサファリを楽しむことができます。ザンベジ川にはカバやワニがたくさん生息し、その沿岸にはマホガニー、イチジク、エボニー、バオバブなどの森林が広がっており、ボートやカヌーでクルーズしながらバードウォッチングを楽しんだり、水生植物を観察することができます。

見どころ
マナ·プールズ国立公園は1975年に設立され、1984年に東に隣接するチュウォール・サファリ地域、サビ・サファリ地域とともに世界自然遺産として登録されています。ナイルワニなどの希少種を乱獲から保護し、その生息地を守るため、この一帯は非狩猟エリアとして保護されています。マナ・プールズの「マナ」とはジンバブエやザンビア南部に住むショナ人の母語であるショナ語で「4」を意味し、ザンベジ川に沿って4つの湖があることから名づけられています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

エリアからツアーを探す

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域 (観光情報) | ジンバブエ観光| VELTRA(ベルトラ)

マナプールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域は、ジンバブエ北部に位置する野生生物保護地域です。マナプールズ国立公園は2,190平方kmの広さを持ち、手つかずの豊かな自然に恵まれており、多くの野生動物や野鳥が生息しています。この地域は、ザンベジ川中流域に位置しており、雨期のたびに氾濫して、一帯が湖の様になり、乾季には水が引き一面が草原へと姿を変えるユニークな湿地帯です。観光のピークは6月〜10月の水が引く乾季です。