[写真付きのみ] 負の歴史を学ぶ ツールスレン博物館とキリングフィールド見学<プノンペン発>の参加体験談 | プノンペンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

負の歴史を学ぶ ツールスレン博物館とキリングフィールド見学<プノンペン発>

体験談

総合評価
4.60
(15)
体験談を書く
参加者の評価
利用形態
言語

ガイドさんが最高!!本当に行って良かった

2019/10/12 Shige ゆうぽん

最初は少し高いかな?と思い参加しましたが
一言で言うと間違いなく参加してよかったです?
まず、ガイドさんが親切でカンボジアの歴史ポルポト政権の負の遺産が有ることを沢山教えていただきました。
日本語での解説なので分かりやすく質問にも答えてもらえます。
キリングフィールドやツールスレンには日本語でガイドが聞ける機械を
安くで借りることができますが他国の関与のせいで本当の歴史は
語られていないそうです。
自分なりに勉強して行きましたが百聞は一見にしかずですね。
この施設に興味があるなら本当におすすめしたいツアーです。
ただ人骨などが有るため苦手な方は注意したほうがいいです。

現地ガイドならでは

2019/10/09 良かったです ゆうぽん

キリングフィールド、ツールスレンともオーディオガイドがあるようでしたのでガイドなしで訪問することも可能なようです。しかしながら、このような悲劇的出来事について当事者である現地の方から直接お話を伺うのは得がたい経験になると思います。2箇所訪問の間にロシアンマーケットの見学を入れて頂けたのも重い緊張感が一時ほぐれるようで良かったです。

特に若い人は是非とも行って見てもらいたい

2018/08/05 シェルテーのChoco ゆうぽん

 1970年代生まれの私はカンボジア内戦に関し、当然ほとんど記憶がありません。後年テレビ等の特集番組でなんとなく見ていただけでした。また10年前、アンコールを案内していただいたガイドさんも、不幸な歴史は殆ど話しませんでした。カンボジアに興味を抱くと、どうしても避けられない「クメールルージュ」。いつかはと思っていたことが今回実現しました。
 今回案内していただいたガイドさん。ご自身もまさに少年期がポルポト時代の方で、実際に弾圧により親族を多数失ったとお聞きしました。目の前にあるこの建物・場所で起こったことが、「あぁ~」と空を仰いでしまう話。なぜそこまで残虐に人はなれるのだろう?自分が殺さないと、次は自分が殺される。私がその立場ならば拒否できるのか?見たい聞きたいことが湧き出てきて、ガイドさんは都度丁寧に答えてくれるのですが、もっと時間がもっと欲しかったです。これは半日のツアーではなく、1日のツアーも検討すべきと思いました。短い時間でしたが、ガイドさんには大変感謝しております。
 その中で「ロシアンマーケット」、正直期待していなかったのですが、いい意味で息抜きです。重い空気を少し軽くしてくれました。

いろんな話を聞けました

2017/10/17 Kummy ゆうぽん

博物館ではガイドさんから、
①ガイドさんの解説を聞きながら見学する
②館内でレンタルできる日本語音声ガイダンスを聞きながら見学
どちらか選ばせてもらえます。
勿論、①ガイドさんの解説を聞きながら見学、をチョイスです。この選択正解でした。ガイドさんの解説は、昔のベトナムとカンボジアの関係から始まり、ポル・ポト時代へと繋がっていく、日本人が知らない様な大変興味深いカンボジアのお話から始まりました。
いろんな事を教えてもらい、車内ではカンボジアの楽しみ方や、ガイドさんのカンボジア人の暮らし、政治、日本の事等お話してもらいました。
その後、キリングフィールドへ。同じく何とも言えない気持ちになりましたが、行く価値はあったと思います。多くの人に立ち寄って考えて欲しいです。

ロシアンマーケットは時間が押した都合でパスしましたが、充分すぎるほど満足してます。

ガイドさんのお陰でいい意味で博物館&キリングフィールドへの緊張感がほぐれたし、長い長いカンボジアの歴史や、ガイドさんの見解を聞けて一生忘れられない思い出になりました。

ガイドさんとドライバーさんに深い感謝です。
多くの人にシェムリアップだけでなく、プノンペンも立ち寄ってほしい。絶対にオススメです。

複雑な心境

2017/09/16 tomuyan ゆうぽん

最近興味をもって訪問する国。この国を知らなかった時の問題、ツールスレンとキリングフィールド関係を知らされました。この関連性をもって参加できるこのツアーは、とても満足なこととさすがの虐殺ただただご冥福を祈るばかり、ハーフハーフで評価が普通になった訳です。

暗い影も直視すべきだと思います。行くことができてよかったです。

2016/09/01 大阪のおっさん ゆうぽん

2回目のプノンペン。前回はキリングフィールドに行けなかったので参加しました。個人でトゥクトゥクをチャーターしようと思っていたのですが、体験談の中で、チュンエク村のキリングフィールドを知らないドライバーもいるとのことで、カミさんも一緒なのでトラブルを避けるべく参加しました。とても丁寧で親切な現地ガイドさんでした。結果オーライでした。
プノンペンのキリングフィールドはシェムリアップのキリングフィールドよりも規模が大きく、日本語の音声ガイドで回りました。残虐さの現場を進むにつれて言葉を失っていく自分がいました。こんなことが、人が人に対してとりうる行動なのか。それほどむごたらしい現場でした。体が震え出しました。ガイドさんの身内も何人か殺されたと聞き、思わず「殺した側のクメールルージュは今はどうしているのか?」「今、殺した側の人というのはわからないのか?」「この虐殺の事実をカンボジア人はどう総括しているのか?」と、震えるほどの怒りで質問攻めにしてしまいました。ガイドさんはただ一言「クメールルージュだった人はわかる。」と低い声でつぶやくように答えてくれました。もうそれ以上、質問できませんでした。日本の資本でイオンモールができ、各国の企業が進出し、経済発展が著しい現在のカンボジアは暗い影を引きずっています。観光客は、クメールの遺跡だけではなくツールスレン博物館も含め、暗い影も直視すべきだと思います。行くことができてよかったです。
個人では行かなかったであろうロシアンマーケットではいいお店を発見。ひしめき合うお土産屋さんとは少し異質な、若い女性が経営する、いい匂いが漂うかわいい石鹸屋さんがあります。

勉強になりました

2014/08/04 オカメインコ2 ゆうぽん

トゥールスレンでは多数の写真があり、中には目をそむけたくなるような生々しいものもありました。キリングフィールドでは頭蓋骨が納骨されている慰霊塔があり、遺骨が掘り起こされた窪地周辺ではいまだに骨の一部が露出していました。日常の雰囲気ではあるのですが、重い空気が漂っている感じです。ポルポトのジェノサイドについて全く知らなかったので勉強になりました。

とても勉強になりました

2014/04/04 トナカイ ゆうぽん

どうしてもトゥールスレンとキリングフィールドを見たかったので、プノンペン発のこのツアーに参加しました。日本に拠点が無い現地催行会社ということで、不安とある程度の事は覚悟していたのですが(ベトナムでは、現地拠点のあるツアー会社で嫌な思いをしたので)、実際参加してみたら、不安どころか、ガイドさんも親切で、とても良かったです。
途中、車に何か異常を知らせるランプがつき、そのまま走っていても、特に問題はなさそうだったのですが、観光中に別の車を呼び寄せるという、しっかりした対応もとってくれ、安心して観光できました。

トゥールスレンの出入り口付近には、収容されて唯一生き残った7人のうちの1人の男性がいて、記念写真を撮ってくれました。楽しいというよりかは、勉強になる場所ですが、行って良かったです。

また、観光客はほとんどシェムリアップに行ってしまいますが、プノンペンもさすがは首都、食べるところなどは、比べものにならない程あり、地元の人が通う美味しいお店がたくさんあります。

ということで、シェムリアップでも同社のツアーに参加し、楽しい体験ができました。

ベルトラがお得な理由
ポイント1%還元!
負の歴史を学ぶ ツールスレン博物館とキリングフィールド見学<プノンペン発>
カンボジアの歴史を感じることができる、ポルポト時代の象徴ツールスレン博物館、キリングフィールドを見学します。総数200万人が亡くなったこの地の歴史を実際に肌で感じていただけるツアーです。