バンコク発アンコールワット (隣国発アンコールワットツアー) | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
隣国発アンコールワットツアー
バンコク発アンコールワット
タイ・バンコクからひと足のばして、一生に一度は行きたい世界遺産、アンコールワットを訪れませんか?

バンコクからアンコールワットまでは、飛行機で所要時間およそ1時間ほどの距離。ベルトラでは、バンコク発着のフライトとホテルが付いた便利なツアーをご用意しております。

ツアーでは、世界遺産アンコールワットのほか、アンコール・トムやタ・プローム寺院、プレループなど、遺跡群の主要スポットを観光します。2日目以降の自由時間でお好きな場所を観光することも可能!

【ここがおすすめ!】
・ベルトラのツアーは航空券&ホテル込み!めんどうな予約手配は不要です。
・シェムリアップ空港に到着したら、日本語ガイドと合流。個人で行くよりも知識を深めながら観光できます!
・1泊2日、2泊3日、3泊4日の3つのツアーをご用意。ご希望の滞在日数からお選びいただけます。

シェムリアップ人気アクティビティランキング

バンコク発アンコールワットの新着体験談

旅行会社のために余計な出費

2020/01/11 ひとりで EKB

遺跡巡りを2日連続でするツアーをもいしこんだのに、1日目に買わされたのは1日券、3日券を買えば62ドルのところ、37ドルを2回買わされて12ドルの余計な出費。ビザに必要だからと写真も用意したけれど、それも不必要で証明写真代も余計。
ガイド... 続きを読む

閉じる

アンコールワットの遺跡見学が、こんなに簡単にできるなんて

2019/12/07 ひとりで ともきっき

アンコールワットには一度行ってみたいと思いながらも、パックツアーはいや、個人で行くには秘境っぽいからよくわからない、と思っていましたが、このツアーを見つけました。バンコクからの往復の飛行機、ホテル、現地ガイド(車も含む)とすべてセットになっ... 続きを読む

閉じる

初めての人に最適

2019/12/06 カップル・夫婦 yai

初めてのカンボジア。1泊2日なので、リュックサック一つで参加しました。大きなスーツケースはタイの空港で預けました。預ける荷物がないので、身軽で楽でした。ツアーには含まれていませんが、気球に乗り素敵な風景を見る事が出来ました。ホテルもスタンダ... 続きを読む

閉じる

気軽に行けるアンコールワット

2019/11/25 友達・同僚 Hurry!!

暑い事を除けば気軽に行けるツアーです。ツアーガイドの真面目な事、感服です。少人数なので、移動やトイレなど、こまめに気を使って頂いて大変助かりました。
遺跡の中の説明も丁寧にして頂いて分かり易かった。ただ、遺跡が多過ぎて1日では無理ですね。... 続きを読む

閉じる

最後に残念なことが...

2019/08/16 カップル・夫婦 masako

アンコールワットの観光自体は素晴らしく、ガイドさんも日本語が堪能で貴重な体験ができたと思っています。しかし帰りの空港送迎が忘れられており、ホテルのロビーで不安になりながら待ったり、電話で問い合わせをしたり、自力で行く方法を急遽考えたりと、最... 続きを読む

閉じる

世界遺産最高!ガイドさんは満足!ランチのお店の店員さんが少し残念

2019/08/13 家族 まよか

日本語がとても丁寧なガイドさんとともに観光させていただいてとても満足でした。ただ、ランチのお店の方の対応が何度飲み物を頼んでも持って来てくれませんでした。伝わってはいました。そこが残念だったので、評価は一つ下げました。

バンコク発アンコールワット (隣国発アンコールワットツアー) | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
タイ・バンコクからひと足のばして、一生に一度は行きたい世界遺産、アンコールワットを訪れませんか? バンコクからアンコールワットまでは、飛行機で所要時間およそ1時間ほどの距離。ベルトラでは、バンコク発着のフライトとホテルが付いた便利なツアーをご用意しております。 ツアーでは、世界遺産アンコールワットのほか、アンコール・トムやタ・プローム寺院、プレループなど、遺跡群の主要スポットを観光します。2日目以降の自由時間でお好きな場所を観光することも可能! 【ここがおすすめ!】 ・ベルトラのツアーは航空券&ホテル込み!めんどうな予約手配は不要です。 ・シェムリアップ空港に到着したら、日本語ガイドと合流。個人で行くよりも知識を深めながら観光できます! ・1泊2日、2泊3日、3泊4日の3つのツアーをご用意。ご希望の滞在日数からお選びいただけます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜