静安寺は、上海にある1000年以上の歴史を持つ仏教寺院と、その静安寺を含む周辺エリアのことです。煌びやかな静安寺を中心に、人気デパート、高級ブランドの入るショッピングモール、五つ星のホテル、中国や外国からのレストランやカフェ、高層オフィスビル、噴水のある公園、浦東国際空港行へのバスターミナルなど、便利で多方面に楽しめる観光スポットです。昔から静安寺が定期的に開催していた市をもとにこの街が発展したことから、お寺の境内だけでなくエリア全体を静安寺と呼ぶようになったと言われています。
歴史
静安寺は247年、呉の孫権によって建てられ、滬?重元寺という名前でした。唐の時代には永泰禅寺と改称され、北宋の時代に静安寺と名付けられました。また、もともと静安寺は呉淞江の北岸に建てられていました。南宋の時代に水害にあったことから今の場所に移動し、文化大革命のときにはプラスチック工場として使われ、1972年には火災で焼失してしまうという歴史があります。その後再建され、「静か安らかな寺院」という字の通り、現在は街の喧騒に囲まれながらも安らげる憩いの場になっています。

見どころ
静安寺は、由緒ある寺院ですが現役の寺院でもあり、観光客でも寺院独特の静かな雰囲気を感じながら参拝することができます。この寺院には、大雄宝殿、天王殿、三聖堂という3つのお堂があります。大雄宝殿には翡翠で作られた高さが4mもある仏像が祀られていて、見どころになっています。この玉物は中国最大の仏像としても知られています。また、展示室では、揚州八怪が描いた素晴らしい仏画や書画を見ることができ、人気となっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

上海の人気アクティビティランキング

静安寺 (観光情報) | 上海観光| VELTRA(ベルトラ)

静安寺は、上海にある1000年以上の歴史を持つ仏教寺院と、その静安寺を含む周辺エリアのことです。煌びやかな静安寺を中心に、人気デパート、高級ブランドの入るショッピングモール、五つ星のホテル、中国や外国からのレストランやカフェ、高層オフィスビル、噴水のある公園、浦東国際空港行へのバスターミナルなど、便利で多方面に楽しめる観光スポットです。昔から静安寺が定期的に開催していた市をもとにこの街が発展したことから、お寺の境内だけでなくエリア全体を静安寺と呼ぶようになったと言われています。