上海浦東発展銀行は、上海にある銀行です。歴史的な西洋建築が建ち並び観光スポットとしても人気の外灘エリアですが、上海浦東発展銀行は、その外灘エリアの建物の中でも大きな建物のひとつであり、ドーム状の屋根が目立つ建物として有名です。香港上海銀行の上海支店として建設された当時から「スエズからベーリング海峡までの地域で最も輝かしい建築物」と呼ばれ、豪華さを誇っていました。入り口には2匹のライオンが守っています。
歴史
外灘にある上海浦東発展銀行の建物は、1923年に香港上海銀行上海支店として建てられました。上海の人々が動乱の時代にも安心して預金できるところと感じるように、外灘で一番豪華な建物を目指して建てたものでした。太平洋戦争が勃発すると、建物は日本軍に接収され横浜正金銀行の管理になりましたが、日本の敗戦により香港上海銀行の管理に戻りました。1955年には上海政府の市庁舎となり、1996年に浦東発展銀行が使用権を獲得し、改修して現在の姿になりました。

見どころ
上海浦東発展銀行の豪華な建物の入り口には、2匹のライオンがいます。このライオンは「慎重さと安全性」という名前があり、銀行に最も必要な資質を表しています。もともとこのライオンは風水の問題から置かれたものですが、ビルが建てられるときにイギリスから取り寄せられたものです。日本の占領下の時代、日本の金属不足からこのライオン像を徴用されましたが、横浜に保管されているのをアメリカが戻したものです。1997年に上海浦東発展銀行が入店する時に、ライオンのコピーが作られビルの前に置かれることになりました。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

上海の人気アクティビティランキング

上海浦東発展銀行 (観光情報) | 上海観光| VELTRA(ベルトラ)

上海浦東発展銀行は、上海にある銀行です。歴史的な西洋建築が建ち並び観光スポットとしても人気の外灘エリアですが、上海浦東発展銀行は、その外灘エリアの建物の中でも大きな建物のひとつであり、ドーム状の屋根が目立つ建物として有名です。香港上海銀行の上海支店として建設された当時から「スエズからベーリング海峡までの地域で最も輝かしい建築物」と呼ばれ、豪華さを誇っていました。入り口には2匹のライオンが守っています。