南シナ海に面した香港島と九龍島の間にある湾をいいます。面積は、約41.88 km?の湾で、船の往来が世界の中でも一番に多いとされています。現在は、市民の足となるフェリーが香港島と九龍島の間で運行し、自動車を運ぶカーフェリーもあるとされています。天気により、曇りのときは、ビクトリア湾にガスがかかることもあり幻想的な対岸を見ることもできます。そんな昼間ほど、夜になってみる夜景は一段と美しい夜景となるでしょう。
歴史
1425年に中国人によって発見されました。アヘン戦争によってイギリスの植民地になった香港は、1997年に、イギリスから中国へ返還されました。20世紀当初は、埋め立てが進んでいたことから、船の往来が制限され運行に問題が生じるため、2004年に香港政府は、埋め立てを規制するようにしたとされています。昔、香港・ハーバーと呼ばれていましたが、植民地時代にイギリスのビクトリア女王にちなんでビクトリア・ハーバーと名づけられたとしています。

見どころ
【ビクトリア・ピークから見下ろす眺め】香港島にあるビクトリア・ピークから見下ろすビクトリア湾の景色は「100万ドルの夜景」と称されるほど、湾の縁取りとビル群のきらめきが美しい夜景とされています。
【スターフェリー】香港島と九龍島を結ぶ市民の足となっているフェリーです。現在は4つのルートと観光客用のルートがあり9隻のフェリーで運行されているとしています。九龍島側のチムシャツォイにある埠頭から約1時間の乗船時間。船内では、英語で香港の歴史や場所の説明がされます。対岸からも乗船が可能です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

香港・マカオの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

香港・マカオ テーマから探す

ビクトリア湾 (観光情報) | 香港・マカオ観光| VELTRA(ベルトラ)

南シナ海に面した香港島と九龍島の間にある湾をいいます。面積は、約41.88 km?の湾で、船の往来が世界の中でも一番に多いとされています。現在は、市民の足となるフェリーが香港島と九龍島の間で運行し、自動車を運ぶカーフェリーもあるとされています。天気により、曇りのときは、ビクトリア湾にガスがかかることもあり幻想的な対岸を見ることもできます。そんな昼間ほど、夜になってみる夜景は一段と美しい夜景となるでしょう。