香港にある道教のお寺です。建物は、お寺の雰囲気というよりは家屋のような建物で、内部は3つに分かれています。その1つを「文武廟」といいます。円形になった蚊取り線香のような形の線香で有名なお寺です。天井からぶら下げられた数多くの線香は、それらを処理する役割の人もいて、片づけられていきます。学問の神様、武道の神様が祭られています。また、天国へ行ける道を開くためにお祈りをするお寺とされています。MTR上環駅で下車した場所にあります。
歴史
香港最古のお寺で、1847年イギリスの植民地となった当初に建てられたお寺です。お寺の名前から学問の神様と武道の神様をお祭りしているお寺とされています。受験の合格祈願にくる人たちが多く、観光客もよく訪れるお寺です。1908年に、NPO法人、東華病院グループに委託されました。2009年には、第1級歴史建造物に指定されたことから、建物が保護されているとしています。お寺としてだけでなく、地域住民の集会所や貧しい人たちの救済の場としても利用されてきました。

見どころ
【拝殿「前殿」水雲宮】神様が祭られている社で、彫刻された神様の表情が見どころです。古代の階級制を現した造りとなっているとされています。
【武聖殿(正殿)】高さ21mの殿堂で、柱の多さに驚きます。木造の門には、職人たちの腕の良さがうかがえます。
【大成殿(後殿)】宮殿式の建物で、テーマは花鳥と獣で、上品で気品にあふれた造りとなっています。中国の王室用の仏像がありましたが、略奪にあい1979年、日本から複製品を返還され、それらを崇めるようになったとしています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

香港・マカオの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

香港・マカオ テーマから探す

文武廟 (観光情報) | 香港・マカオ観光| VELTRA(ベルトラ)

香港にある道教のお寺です。建物は、お寺の雰囲気というよりは家屋のような建物で、内部は3つに分かれています。その1つを「文武廟」といいます。円形になった蚊取り線香のような形の線香で有名なお寺です。天井からぶら下げられた数多くの線香は、それらを処理する役割の人もいて、片づけられていきます。学問の神様、武道の神様が祭られています。また、天国へ行ける道を開くためにお祈りをするお寺とされています。MTR上環駅で下車した場所にあります。