金色の仏像が道の両側で出迎えてくれる香港にあるお寺です。金箔を施された仏像は1万体もおよび、その豊かな表情に笑みがこぼれます。それぞれの仏像の様子が人間の様相になっているにも関わらずまとっている衣は仏様の衣です。MTR沙田駅を降り徒歩約8分、山あいの参道を登って行くと中国式の寺院があります。参道に続く階段の数は、煩悩の数を数えるがごとく何段もある道のりを登って行きます。その参道の両側にある金色の表情の豊かな仏像によって疲れも忘れさせてくれるでしょう。
歴史
1949年に月渓法師という修行をした僧侶がこの寺の建設を始めました。1957年に万仏寺は完成しました。ハリウッドでもリメイクされた香港映画「インファナル・アフェア無間道」のロケ地にもなったとされています。参道に置かれた金の仏像は小さい仏像も入れると1万3000体もあるとされています。寺院が完成してから約10年後に仏像の大部分がそろったとされています。月渓法師は、もともと仏教を教える学校を開校するのが目的だったともされています。

見どころ
【金色の仏像】1万体以上ある、金色に施されたさまざまな表情の仏像があります。無料で入れる寺院です。1体ずつ見ていると数時間かかるほど仏像を楽しめる寺院とされています。【山頂からの眺め】山頂にある寺院から香港の景色を眺められます。高層のマンションが多く見られ香港らしい景色に出会えます。【亀の池】亀が数十匹いる池があります。【野生の猿】野生の猿が放し飼いにされています。参道を歩くころから出会えます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

香港・マカオの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

香港・マカオ テーマから探す

万仏寺(萬佛寺) (観光情報) | 香港・マカオ観光| VELTRA(ベルトラ)

金色の仏像が道の両側で出迎えてくれる香港にあるお寺です。金箔を施された仏像は1万体もおよび、その豊かな表情に笑みがこぼれます。それぞれの仏像の様子が人間の様相になっているにも関わらずまとっている衣は仏様の衣です。MTR沙田駅を降り徒歩約8分、山あいの参道を登って行くと中国式の寺院があります。参道に続く階段の数は、煩悩の数を数えるがごとく何段もある道のりを登って行きます。その参道の両側にある金色の表情の豊かな仏像によって疲れも忘れさせてくれるでしょう。