【マカオ発 マカオ観光ツアー】マカオの世界遺産30ヶ所巡り☆マカオタワー360°レストランのランチ付<午前/日本語ガイド> | マカオの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

新型コロナウイルス感染症、発生に伴う現地ツアーの催行状況について

【マカオ発 マカオ観光ツアー】マカオの世界遺産30ヶ所巡り☆マカオタワー360°レストランのランチ付<午前/日本語ガイド>

マカオは世界遺産がいっぱい!2005年7月に世界遺産登録されたマカオ歴史地区には、世界遺産が30ヶ所以上も登録されています。ポルトガル植民地時代の面影に古来の東洋文化が融合した、美しい街並みをご堪能ください。

  • shutterstock_484890271
  • Hong_Kong_Macau_The_Senado_Square_shutterstock_543710233
  • shutterstock_450702169
  • theholyhouseofmercyofmacau2_S
  • shutterstock_122827282
  • shutterstock_206249254
  • 230158
▼ さらに詳細を見る
価格を円で表示
価格を現地通貨で表示
(税込)
通常プラン(1~5名)
1 日時を選択してください
2 数量(人数・台数・時間など)を選択してください
このアクティビティは申込単位「5以下」でお申し込みください。
大人(12歳以上)
HKD 1,100.00
JPY 15,699
子供(2~11歳)
HKD 730.00
JPY 10,418
幼児(0~1歳)
無料
無料
即予約確定 HKD 0.00 JPY 0
HKD 0.00
JPY 0
お見積り金額:
※金額は概算です。
オプションや開始時間により変わることがあります。
大人(12歳以上)
HKD 1,100.00
JPY 15,699
子供(2~11歳)
HKD 730.00
JPY 10,418
幼児(0~1歳)
無料
無料
  • 所要時間(送迎含む): 6時間
  • 開催曜日: 日、月、水、金
  • 送迎: 送迎あり
  • 含まれるもの: 昼食ビュッフェ/日本語ガイド
  • スケジュール
  •  
  • ピックアップ場所
  •  
  • 解散場所
  •  

  • 09:00-09:20 ホテル・オークラ メインロビー JTBサポートデスク前/9:20 ホテル・リスボア リスボアタワー西ロビー【西座/西翼】地上階建物内) 集合・出発
  • 【午前】世界遺産めぐり 18ヶ所
    ●ギア要塞(車窓)
    ●カモンエス広場からセナド広場まで歩いて散策
    ●カーサ庭園
    ●プロテスタント墓地
    ●聖アントニオ教会
    ●モンテの砦(聖ポール天主堂からの眺望)
    ●イエズス会記念広場
    ●盧家屋敷(外観のみ)
    ●聖ドミニコ広場
    ●三街會館(關帝廟)
    ※日曜日は教会の内部へは入れません。
  • セナド広場
    Hong_Kong_Macau_The_Senado_Square_shutterstock_543710233 市評議会前の広場で、市の中心にある。ポルトガルの職人達により作られた波状の模様のモザイクタイルが地面を覆い、パステルカラーのコロニアル風な建物が並び、夜はライトアップされます。世界文化遺産のひとつです。
  • ナーチャ廟
    shutterstock_206249254 この小さな伝統的な中国寺院は、イエズス会教会区の中心地跡の近くにあり、ナーチャへの信仰に捧げられています。西洋と中国の理想を見事に弁証しながら、マカオの多文化的アイデンティティと宗教的自由を示しています。
  • カテドラル(大堂)/カテドラル広場
    thecathedral2_S 正面の広場に大きな噴があるマカオのカトリック派の中心的な教会。
  • 聖ドミニコ教会(外観のみ)
    shutterstock_450702169 聖ドミニコ教会は指定遺跡であり、マカオで最古の3つの教会の1つです。教会は1828年に修復されましたが、1997年再修復時には、マカオの文化局文化遺産部門が大規模な改修を実施し、鐘楼を聖ドミニコ美術館へと改築しました。
  • 仁慈堂
    theholyhouseofmercyofmacau2_S 1569年にマカオ最初の司教によって創設されたこの施設は、ポルトガルで最も古くて有名な慈善組織をモデルにしています。そしてマカオで最初の西洋式診療所と、現在も活動しているいくつかの他の社会福祉団体を創設した母体だったのです。この建物は、新古典様式により全体的な建築的処理が施されていますが、マヌエリズムの影響もうかがうことができます。
  • 聖ポール天主堂跡
    225526_base_14853416222190 1602年イエズス会のイタリア人により設計され20年を費やし完成した天主堂。1835年の大火跡に残存している壁の規模からかつての壮麗さが伺える。展望台からは市街を一望できる。世界文化遺産のひとつ。火災に残った石造りのファサードは、精密な彫刻が施されており、300年以上の年月を経た現在でも、鮮明にその姿を楽しむことができる。
  • 旧城壁
    1569年頃に建設されたマカオの防御構造の残存部は、ポルトガル人が港での生活圏を守るために城壁を建設するという、移民初期のポルトガルの伝統の遺物であり、アフリカやインドでも同様のことが行われていました。マカオでは幾層にもぎっしりと詰まった地元の技術と素材を取り入れたことが、この残存部によって証明されています。
  • 11:30 昼食
    shutterstock_122827282 マカオタワー360°のレストランにてビュッフェランチをお召し上がりいただきます。
    ※現地事情によりマカオタワーでの昼食にご案内できない場合は、デラックスホテル内レストランでの昼食となります。
  • 【午後】世界遺産めぐり 12ヶ所
    ●バラ広場
    ●港務局(外観のみ)
    ●聖ローレンス教会(外観のみ)
    ●ドン・ペドロ5世劇場(外観のみ)
    ●ロバート・ホー・トン図書館(外観のみ)
    ※日曜日は教会の内部へは入れません。
  • 媽閣廟(マーコミュウ)
    Macau_a-ma temple_shutterstock_560139934 マカオ最古の寺。航海の守り神、阿媽(アマ)を祀った寺。境内にある帆船の絵は、暴風雨の中彼女を生まれ故郷の福建省から運んで来たという伝説がある。世界文化遺産のひとつ。
  • 鄭家屋敷(外観のみ)
    337955 1881年に建設されたこの邸宅は、著名な中国人文豪の鄭観應が住居として暮らした中国伝統的な居住区でした。いくつかの庭のある屋敷から構成された伝統的な中国家屋であるこの邸宅には、アーチ型の装飾に灰色が煉瓦使用され、インド発祥の真珠貝窓枠に、中国の木製格子窓が取り付けられるなど、中国と西洋が混在しています。
  • リラウ広場
    shutterstock_470499194 リラウ広場の地下水は、かつてはマカオの自然湧き水の主要な水源でした。「リラウで水を飲んだら、マカオを絶対に忘れない」というポルトガル語の言い回しには、リラウ広場に対して地元のマカニーズが抱く思いを表現しています。この地域は、マカオ最初のポルトガル人居住区の1つに当たります。
  • 聖ヨセフ修道院及び聖堂
    stjoseph_sseminary8_S 聖ヨセフ修道院はイエズス会によって1728年に設立され、聖ヨゼフ修道院と教会聖ポールのコレジオ(学院)と同じく、中国での布教のために数百人の宣教師を訓練することで、マカオと中国でのキリスト教普及び貢献しました。聖ヨゼフ教会は1758年に完成しています。現在の荘厳な建物は、1953年と2001年に行われた改修の成果です。
  • 聖オーガスティン広場
    337732 聖オーガスチン広場には、聖オーガスチン教会、ドン・ペドロ5世劇場、聖ヨセフ修道院、ロバート・ホードン図書館などの、さまざまな指定建築が集まっています。丸石の歩道がこの地域に統一感を与え、伝統的なポルトガルの街並みをみせています。
  • 市政署(外観のみ)
    lealsenadobuilding2_S セナド広場に面して1784年に建設された市政署は、今なお、マカオの伝統的なポルトガル建築の最も優れた例とされています。建物の内部に入ると壁の下部がポルトガルの青と白の素晴らしいタイルで装飾されており、いくつもの歴史的な石の彫刻が内庭に置かれています。
  • 15:00 セナド広場にて解散
パッケージの詳細・スケジュール
通常プラン(6名以上)
1 日時を選択してください
2 数量(人数・台数・時間など)を選択してください
このアクティビティは申込単位「6以上15以下」でお申し込みください。
大人(12歳以上)
HKD 1,100.00
JPY 15,699
子供(2~11歳)
HKD 730.00
JPY 10,418
幼児(0~1歳)
無料
無料
即予約確定 HKD 0.00 JPY 0
HKD 0.00
JPY 0
お見積り金額:
※金額は概算です。
オプションや開始時間により変わることがあります。
大人(12歳以上)
HKD 1,100.00
JPY 15,699
子供(2~11歳)
HKD 730.00
JPY 10,418
幼児(0~1歳)
無料
無料
  • 所要時間(送迎含む): 6時間
  • 開催曜日: 日、月、水、金
  • 送迎: 送迎あり
  • 含まれるもの: 昼食ビュッフェ/日本語ガイド
  • スケジュール
  •  
  • ピックアップ場所
  •  
  • 解散場所
  •  

  • 09:00-09:20 ホテル・オークラ メインロビー JTBサポートデスク前/9:20 ホテル・リスボア リスボアタワー西ロビー【西座/西翼】地上階建物内) 集合・出発
  • 【午前】世界遺産めぐり 18ヶ所
    ●ギア要塞(車窓)
    ●カモンエス広場からセナド広場まで歩いて散策
    ●カーサ庭園
    ●プロテスタント墓地
    ●聖アントニオ教会
    ●モンテの砦(聖ポール天主堂からの眺望)
    ●イエズス会記念広場
    ●盧家屋敷(外観のみ)
    ●聖ドミニコ広場
    ●三街會館(關帝廟)
    ※日曜日は教会の内部へは入れません。
  • セナド広場
    Hong_Kong_Macau_The_Senado_Square_shutterstock_543710233 市評議会前の広場で、市の中心にある。ポルトガルの職人達により作られた波状の模様のモザイクタイルが地面を覆い、パステルカラーのコロニアル風な建物が並び、夜はライトアップされます。世界文化遺産のひとつです。
  • ナーチャ廟
    shutterstock_206249254 この小さな伝統的な中国寺院は、イエズス会教会区の中心地跡の近くにあり、ナーチャへの信仰に捧げられています。西洋と中国の理想を見事に弁証しながら、マカオの多文化的アイデンティティと宗教的自由を示しています。
  • カテドラル(大堂)/カテドラル広場
    thecathedral2_S 正面の広場に大きな噴があるマカオのカトリック派の中心的な教会。
  • 聖ドミニコ教会(外観のみ)
    shutterstock_450702169 聖ドミニコ教会は指定遺跡であり、マカオで最古の3つの教会の1つです。教会は1828年に修復されましたが、1997年再修復時には、マカオの文化局文化遺産部門が大規模な改修を実施し、鐘楼を聖ドミニコ美術館へと改築しました。
  • 仁慈堂
    theholyhouseofmercyofmacau2_S 1569年にマカオ最初の司教によって創設されたこの施設は、ポルトガルで最も古くて有名な慈善組織をモデルにしています。そしてマカオで最初の西洋式診療所と、現在も活動しているいくつかの他の社会福祉団体を創設した母体だったのです。この建物は、新古典様式により全体的な建築的処理が施されていますが、マヌエリズムの影響もうかがうことができます。
  • 聖ポール天主堂跡
    225526_base_14853416222190 1602年イエズス会のイタリア人により設計され20年を費やし完成した天主堂。1835年の大火跡に残存している壁の規模からかつての壮麗さが伺える。展望台からは市街を一望できる。世界文化遺産のひとつ。火災に残った石造りのファサードは、精密な彫刻が施されており、300年以上の年月を経た現在でも、鮮明にその姿を楽しむことができる。
  • 旧城壁
    1569年頃に建設されたマカオの防御構造の残存部は、ポルトガル人が港での生活圏を守るために城壁を建設するという、移民初期のポルトガルの伝統の遺物であり、アフリカやインドでも同様のことが行われていました。マカオでは幾層にもぎっしりと詰まった地元の技術と素材を取り入れたことが、この残存部によって証明されています。
  • 11:30 昼食
    shutterstock_122827282 マカオタワー360°のレストランにてビュッフェランチをお召し上がりいただきます。
    ※現地事情によりマカオタワーでの昼食にご案内できない場合は、デラックスホテル内レストランでの昼食となります。
  • 【午後】世界遺産めぐり 12ヶ所
    ●バラ広場
    ●港務局(外観のみ)
    ●聖ローレンス教会(外観のみ)
    ●ドン・ペドロ5世劇場(外観のみ)
    ●ロバート・ホー・トン図書館(外観のみ)
    ※日曜日は教会の内部へは入れません。
  • 媽閣廟(マーコミュウ)
    Macau_a-ma temple_shutterstock_560139934 マカオ最古の寺。航海の守り神、阿媽(アマ)を祀った寺。境内にある帆船の絵は、暴風雨の中彼女を生まれ故郷の福建省から運んで来たという伝説がある。世界文化遺産のひとつ。
  • 鄭家屋敷(外観のみ)
    337955 1881年に建設されたこの邸宅は、著名な中国人文豪の鄭観應が住居として暮らした中国伝統的な居住区でした。いくつかの庭のある屋敷から構成された伝統的な中国家屋であるこの邸宅には、アーチ型の装飾に灰色が煉瓦使用され、インド発祥の真珠貝窓枠に、中国の木製格子窓が取り付けられるなど、中国と西洋が混在しています。
  • リラウ広場
    shutterstock_470499194 リラウ広場の地下水は、かつてはマカオの自然湧き水の主要な水源でした。「リラウで水を飲んだら、マカオを絶対に忘れない」というポルトガル語の言い回しには、リラウ広場に対して地元のマカニーズが抱く思いを表現しています。この地域は、マカオ最初のポルトガル人居住区の1つに当たります。
  • 聖ヨセフ修道院及び聖堂
    stjoseph_sseminary8_S 聖ヨセフ修道院はイエズス会によって1728年に設立され、聖ヨゼフ修道院と教会聖ポールのコレジオ(学院)と同じく、中国での布教のために数百人の宣教師を訓練することで、マカオと中国でのキリスト教普及び貢献しました。聖ヨゼフ教会は1758年に完成しています。現在の荘厳な建物は、1953年と2001年に行われた改修の成果です。
  • 聖オーガスティン広場
    337732 聖オーガスチン広場には、聖オーガスチン教会、ドン・ペドロ5世劇場、聖ヨセフ修道院、ロバート・ホードン図書館などの、さまざまな指定建築が集まっています。丸石の歩道がこの地域に統一感を与え、伝統的なポルトガルの街並みをみせています。
  • 市政署(外観のみ)
    lealsenadobuilding2_S セナド広場に面して1784年に建設された市政署は、今なお、マカオの伝統的なポルトガル建築の最も優れた例とされています。建物の内部に入ると壁の下部がポルトガルの青と白の素晴らしいタイルで装飾されており、いくつもの歴史的な石の彫刻が内庭に置かれています。
  • 15:00 セナド広場にて解散
パッケージの詳細・スケジュール
ご注意・ご案内
参加制限
  • 全パッケージ共通
    • 車椅子でのご参加はできません。
    • 1日に最大15名様までの受け付けとなります。
    • 徒歩での観光となりますので、ご年配の方や足の不自由な方はご注意ください。
    • 参加者の人数が2名に満たない場合、ツアーは催行されないことがあります。
参加時必要な服装・持ち物
  • 全パッケージ共通
    • 歩きやすい靴
参加前、参加時必要事項
  • 全パッケージ共通
    • 開始時間の10分前には集合場所にお集まりいただきますよう、お時間厳守でお願いいたします。
      万が一お時間にいらっしゃらない場合は、バスにご乗車いただけなくなりますのでご注意ください。
備考・その他
  • 全パッケージ共通
    • ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。
    • 現地事情により、観光箇所に入場できない場合は下車観光となります。
    • 日曜日は教会の内部へは入れません。
    • ご宿泊ホテル⇔集合場所、解散場所間の送迎は含まれておりません。
    • お迎え場所はホテル オークラまたはホテル リスボアとなります。
    • ギア要塞のみ車窓からの見学になります。
    • 現地事情によりマカオタワーでの昼食にご案内出来ない場合は、デラックスホテル内レストランでの昼食となります
    • 周る順番は変更になる場合がございます。
    • 廬家屋敷は月曜日休み、鄭家屋敷は水曜日休みです。
申込み受付単位(人数、台数、時間など)
よくある質問
このアクティビティに関する問い合わせは こちらから よくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください
お支払方法/キャンセルポリシー
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
    *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
キャンセル料について
  • 【レストラン代金】
    申込み確定日から、マカオタワー360°レストラン代金(HK$288)の100% 
    ※ツアー代金のキャンセル料とは別途発生いたします。

    【ツアー代金】
    参加日の2営業日前の現地時間00:00から1営業日前の現地時間00:00まで、予約総額の30%
    参加日の1営業日前の現地時間00:00から1営業日前の現地時間23:59まで、予約総額の50%
    参加日の1営業日前の現地時間23:59以降、予約総額の100%

    ※2020年4月1日以降のご参加は以下のように変更となります。
    【レストラン代金】
    申込み確定日から、マカオタワー360°レストラン代金の100%
    時期により金額は異なります。
    7・8月:HK$308
    上記以外:HK$288
    ※ツアー代金のキャンセル料とは別途発生いたします。

    【ツアー代金】
    参加日の3営業日前の現地時間17:00から2営業日前の現地時間17:00まで、予約総額の30%
    参加日の2営業日前の現地時間17:00から1営業日前の現地時間17:00まで、予約総額の50%
    参加日の1営業日前の現地時間17:00以降、予約総額の100%
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。

VELTRAはベストプライス!
他に安いのを見つけたらこちらをクリック

HKD 1,100.00

(税込)

JPY 15,699

(税込)

ポイント 1% 還元!

言語:  日本語
送迎 あり
所要時間(送迎含む) 6時間
開催曜日 日、月、水、金
バウチャー 印刷不要
食事 昼食ビュッフェ

最新5つ星体験談

by: まあちゃん
沢山ある名所を詳しい解説付きで回れました。 歩きが多いので、夏は大変かもしれませんが、年末でしたので気温もいいです。 タワーの上のは方でのランチも美味しく眺めもとてもいいです。 集合場所が分かり...もっと見る
マカオの世界遺産のある地域は高低差もあり、道が入り組んでいることが分かっていたので、個人で訪れると大変だろうと思い、このツアーに申し込みました。やはり、ガイドさんに案内してもらわないと迷ってしまいそう...もっと見る
日曜日は教会の中に入れないこともあると注意書きがありましたがミサが終わるころもう一度回ってくれ、内部もすべて見ることができました。詳しい説明とともに見て回ることができ充実したツアーでした。ガイドブック...もっと見る

エリアからツアーを探す

HKD 1,100.00
JPY 15,699
4.10 / 5
【マカオ発 マカオ観光ツアー】マカオの世界遺産30ヶ所巡り☆マカオタワー360°レストランのランチ付<午前/日本語ガイド>
2件のプランをすべて見る

【マカオ発 マカオ観光ツアー】マカオの世界遺産30ヶ所巡り☆マカオタワー360°レストランのランチ付<午前/日本語ガイド> | マカオの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

マカオは世界遺産がいっぱい!2005年7月に世界遺産登録されたマカオ歴史地区には、世界遺産が30ヶ所以上も登録されています。ポルトガル植民地時代の面影に古来の東洋文化が融合した、美しい街並みをご堪能ください。