ムルガンダ・クティ寺院 (観光情報) (観光情報) | インド観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

ムルガンダ・クティ寺院は仏教寺院で、サルナート遺跡の東端にあります。サルナートは、ブッダ(釈迦)が悟りを開いた後初めて説法を説いたとされる場所で、仏教の四大聖地のひとつになっています。寺院の中には金色の御本尊と、日本人絵師、野生司香雪氏の手によるブッダの生涯をモチーフにした壁画があります。寺院の横には、ブッダ(紀元前463年生まれ)が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹の子孫の木があります。その菩提樹の下にはブッダが5人の弟子たちに説法をする様子のオブジェが置かれています。ムルガンダ・クティ寺院への入場は無料ですが、靴を預かって貰うのと写真をとっててもらうののにに、お金がかかります。寺院内は、多くの観光客で混雑していて、周辺には仏教の聖地だけあって、白い服を着た仏教徒が多くいます。インド人の仏教徒は少なく、訪れる仏教徒の多くは、スリランカ、タイ、日本など他の仏教国からの修行僧です。
歴史
ムルガンダ・クティ寺院は、日本では初転法輪寺(根本香積寺)とも呼ばれ、多くの仏教徒がお金を出し合って、1931年に建立されました。

見どころ
寺院の正面には、金色に輝く仏像があります。この仏像は、サルナ-ト遺跡から出土した初転法輪像のレプリカで、そのオリジナル仏像は近くの考古学博物館に安置されています。本堂への入口前の頭上には、建立の翌年に日本から贈られた梵鐘があります。ムルガンダ・クティ寺院内部の壁には、仏陀の誕生から、悟りを開き、入滅するまでの釈迦の生涯を描いたフレスコ画が施されています。パステルカラーの淡い色合い壁画は、インド政府からの依頼を受け、インド仏教美術の研究のためインドに渡った日本人画家・野生司香雪氏が5年の歳月をかけて描いた傑作です。長い年月と暑いインドの気候に耐え、今も鮮やかなフレスコ画を、異国の地で描いた日本人が戦前にいたことに誇りを感じます。
4アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    インド最大の聖地バラナシと、世界遺産タージマハルがあるアグラを訪れる欲張りツアー!アグラの誇る3つの世界遺産観光やガンジス川の沐浴見学、ボートからの朝日鑑賞などインドの魅力をたっぷりと紹介します♪日本語ガイド付きなので安心して観光できます。
    日本語対応あり
    送迎付き
    プレゼント特典

    USD450.00

    グループ割引
    日, 月, 火, 木, 金, 土
    (午前)
  2. No.2
    ヒンドゥー教最大の聖地バラナシでインドを感じる旅に出かけませんか。飛行機利用で時間も有効的に使え、日本語ガイドが同行するので安心して旅を楽しめます。早朝のガンジス沐浴&夜のお祈りの儀式(プージャ)見学は見る価値ありです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD395.00

    グループ割引
    毎日
    2日 (午前)
  3. No.3
    往路のみ寝台列車を利用!3000年以上の歴史を持つヒンドゥー教最大の聖地バラナシを訪れます。ブッダの町サールナートでは、ムールガンダ・クティー寺院やダメーク・ストゥーパを観光。早朝のガンジス川沐浴見学も一見の価値があります♪
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD263.00

    グループ割引
    毎日
    2日 (午後)
  4. 2020年のカウントダウン&初日の出はヒンドゥー教最大の聖地”バラナシ”で!31日はホテルで豪華なガラディナーで新年を迎え、元旦には早朝からガンジス川に出かけ、ボートの上から感動的な初日の出を拝みます。パワースポットから始める新年はいかが?
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD969.00

    毎日
    2日 (午後)

インドの人気アクティビティランキング

ムルガンダ・クティ寺院 (観光情報) | インド観光| VELTRA(ベルトラ)

ムルガンダ・クティ寺院は仏教寺院で、サルナート遺跡の東端にあります。サルナートは、ブッダ(釈迦)が悟りを開いた後初めて説法を説いたとされる場所で、仏教の四大聖地のひとつになっています。寺院の中には金色の御本尊と、日本人絵師、野生司香雪氏の手によるブッダの生涯をモチーフにした壁画があります。寺院の横には、ブッダ(紀元前463年生まれ)が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹の子孫の木があります。その菩提樹の下にはブッダが5人の弟子たちに説法をする様子のオブジェが置かれています。ムルガンダ・クティ寺院への入場は無料ですが、靴を預かって貰うのと写真をとっててもらうののにに、お金がかかります。寺院内は、多くの観光客で混雑していて、周辺には仏教の聖地だけあって、白い服を着た仏教徒が多くいます。インド人の仏教徒は少なく、訪れる仏教徒の多くは、スリランカ、タイ、日本など他の仏教国からの修行僧です。