マザーテレサの家(マザーハウス)があるコルカタにあります。以前は英語でカルカッタと言われていましたが、現在は現地の言葉ベンガル語で、コルカタと呼ばれています。コルカタは西ベンガル州の州都で世界屈指の大きな都市です。コルカタはいイギリスのインド植民地化の中心になったところです。イギリス領インドの首都だったときは産業の中心としでした。インド博物館や古い寺院タゴールの生家タゴールハウスがあります。マザーテレサの家もこのコルカタにあります。
歴史
マザーテレサは、1979年にノーベル平和賞をもらいました。受賞理由は、長期間にわたる献身的な働きにより苦しみの中にいる人々に安息をもたらした、というものです。マザーテレサはオスマントルコ領のコソボ州で生まれました。長じて修道会にはいり、裕福な子女に地理を教える教師になっていたが、ある時<すべてを捨てもっとも貧しい人の間で働くように>という啓示を受けた。修道会の外で働く特別の許可を得て、コルカタのスラム街に入っていきました。

見どころ
マザーテレサは<神の愛の宣教者会>という修道会を立ち上げ、飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働くことでありました。ヒンズー教の廃寺院を譲り受け、死を待つ人々の家というホスピスを開設しました。児童養護施設を併設しました。最初は布教が目的では警戒されましたが、マザーテレサは人々の宗教を尊重しました。マザーテレサハウスには世界各国からボランティアが集ってきています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

インドの人気アクティビティランキング

マザー・テレサの家(マザー・ハウス) (観光情報) | インド観光| VELTRA(ベルトラ)

マザーテレサの家(マザーハウス)があるコルカタにあります。以前は英語でカルカッタと言われていましたが、現在は現地の言葉ベンガル語で、コルカタと呼ばれています。コルカタは西ベンガル州の州都で世界屈指の大きな都市です。コルカタはいイギリスのインド植民地化の中心になったところです。イギリス領インドの首都だったときは産業の中心としでした。インド博物館や古い寺院タゴールの生家タゴールハウスがあります。マザーテレサの家もこのコルカタにあります。