バナーラスは、ワルナー川とアッスィー川に挟まれている事からこの名称で呼ばれ、ガンジス川沿いに位置するインド最大の宗教都市です。郊外には、仏教の四大聖地の一つに数えられている初天法輪の地があります。バナーラスは、古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」に記述が残っており、紀元前6世紀頃の十六大国最大の勢力を誇ったカーシー王国の首都として栄えていました。バナーラスは、紀元前317年頃チャンドラグプタにより建国されたマウリヤ朝の支配下に置かれ、4世紀以降は、ヒンドゥー教勢力のグプタ朝に征服されています。7世紀から13世紀までラジープート時代とされています。
歴史
ガンジス川は、インド亜大陸とチッベット高原を隔てている多くの山々から構成されているヒマラヤ山脈の南側に源流を有する全長2525Kmの大河です。紀元前2500年頃のインド北西部では、幻とされていたガッカル・ハークリー川流域にインダス文明が繁栄していましたが、インダス文明の崩壊とガッガル・ハークリー川の消失に伴いインド文明の中心がガンジス川流域に変化しました。ガンジス川は、紀元前1000年頃から紀元前500年頃に編纂された古代インドの聖典「リグ・ヴェーダ」において神聖視されていませんが、後に編纂された「サーマ・ヴェーダ」「ヤジェル・ヴェーダ」「アタルヴァ・ヴェーダ」などでは聖なるガンジス川とされています。

見どころ
ガンガー(ガンジス河)は、ガンジス河が神格化された女神であり、繁栄神ヴィシュヌ神の足の指から流れ出し、賢者バギーラタの願いにより天井から落下するガンガーをシバ神の神で受け止められ、聖なるガンジス河になったとされています。バナーラスの旧市街地を流れるガンジス川の西岸に沿って84のガートがあります。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. デリーとバラナシ間を約8時間で結ぶ、2019年2月より新たに運行した特急列車を利用して効率よくバラナシを観光します!夜の祈りの儀式”プージャ”や朝のガンジス川の沐浴風景、仏教寺院サルナートなど、短時間でバラナシを満喫できる充実のツアーです♪
    日本語対応あり
    送迎付き
    プレゼント特典

    USD346.00

    15%
    OFF
    グループ割引
    日, 火, 水, 金, 土
    (深夜)

インドの人気アクティビティランキング

ガンガー (ガンジス河) (観光情報) | インド観光| VELTRA(ベルトラ)

バナーラスは、ワルナー川とアッスィー川に挟まれている事からこの名称で呼ばれ、ガンジス川沿いに位置するインド最大の宗教都市です。郊外には、仏教の四大聖地の一つに数えられている初天法輪の地があります。バナーラスは、古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」に記述が残っており、紀元前6世紀頃の十六大国最大の勢力を誇ったカーシー王国の首都として栄えていました。バナーラスは、紀元前317年頃チャンドラグプタにより建国されたマウリヤ朝の支配下に置かれ、4世紀以降は、ヒンドゥー教勢力のグプタ朝に征服されています。7世紀から13世紀までラジープート時代とされています。