インド門 (観光情報) (観光情報) | デリー観光 VELTRA(ベルトラ)
インドデリーのラージパト通りの大きな道を進むと、インド門があります。門を囲むように官庁街が広がっていて、まさにインドの玄関口となっています。インド門は、第一次世界大戦で戦死したインド人兵士の慰霊碑として建てられたものです。 門の壁面には、戦争で亡くなった無名兵士の名前が刻まれており、その命を弔うために絶えず火が灯されています。さらに夕暮れになると、記念碑と噴水のライトアップが楽しめます。毎年1月には大通りでパレードが行われます。
歴史
インド門は当時のイギリス統制政府によって、1931年に建てられました。ヨーロッパで第一次世界大戦が始まると、イギリスは植民地であったインドに将来の自治を約束し、協力を求めました。しかし戦争後に獲得できた自治権はごくわずかで、インド側が納得出来るものではありませんでした。そしてその後ガンディーによる不服従運動が展開されることになりました。このインド門はインドの人達にとってはイギリス政府からの独立運動を象徴するものとなっています。

見どころ
インド門があるラージパト通りは、両わきに木々が立ち並び、芝生が敷き詰められた美しい風景が広がっています。門のすぐ向こうには官庁街がありますが、ここではのんびりとした時間を過ごすことができます。周りにはたくさんの屋台があり、チャイやジュースなどの飲み物が売られていますので、暑い日でも安心です。夜はライトアップされ、一味違った姿を見ることができます。入場料や営業時間はありませんので、インドの歴史に思いを馳せながらじっくり観光してみてください。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    インド旅行の定番3都市に加え、ベンガルタイガーの保護区であるランタンボール国立公園を訪れます。ジープに乗って広大な草原を走る爽快感&野生動物との遭遇に胸が高鳴ります♪タージ・マハルやアンベール城塞など、各都市の主要観光地も抑えた充実の宿泊ツアーです!
    日本語対応あり
    送迎付き
    プレゼント特典

    USD547.00

    グループ割引
    毎日

デリーの人気アクティビティランキング

インド門 (観光情報) | デリー観光| VELTRA(ベルトラ)

インドデリーのラージパト通りの大きな道を進むと、インド門があります。門を囲むように官庁街が広がっていて、まさにインドの玄関口となっています。インド門は、第一次世界大戦で戦死したインド人兵士の慰霊碑として建てられたものです。 門の壁面には、戦争で亡くなった無名兵士の名前が刻まれており、その命を弔うために絶えず火が灯されています。さらに夕暮れになると、記念碑と噴水のライトアップが楽しめます。毎年1月には大通りでパレードが行われます。