レッド・フォート(ラール・キラー) (観光情報) (観光情報) | デリー観光 VELTRA(ベルトラ)
インド・デリーを代表する観光スポットです。赤砂岩によってつくられているので、城壁が赤茶色に見えることから、英語では「レッドフォート」と呼ばれています。インドの文化遺産としては「タージ・マハル」は耳にしたことがあっても、「ラールキラー」は聞いたことがない人もいるでしょうが、レッドフォート(ラールキラー)もタージ・マハルを建造した王が建てたものです。赤い城壁や城門は、とても威風堂々たるもので観る者すべてを圧倒します。
歴史
インドの歴史の中で最も有名な王朝といえば「ムガル帝国」です。インドで最も信仰者の多い宗教は、「ヒンズー教」ですが、西暦1200年代頃からイスラム勢力がインドに進出してきました。そして16世紀初頭イスラムの大帝国「ムガル帝国」が誕生します。5代皇帝シャー・ジャハーンによって建造され居城として使われたのが「レッドフォート(ラールキラー)」でした。この皇帝が建造した「タージ・マハル」は、妃「ムムターズ・マハル」の墓廟です。

見どころ
全長2.5kmの城壁のメインゲートは「ラホール門」です。観る者を圧倒せずにはおかない大迫力のこの門をくぐると、通路の両側にはたくさんのお店が並んでいます。テーマパークの入り口の感じさせるこのアーケード通りには、とてもワクワクさせられます。この通りを抜けると美しい中庭に出ます。中庭の先には「ディワニ・アーム」という王と市民の謁見の場所があります。他に、大理石でできた美しい建造物や四分庭園、モスク、皇帝の書斎などレッドフォート内にはさまざま施設があるので、文化遺産に登録されたテーマパークとして一日中楽しむことができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

デリーの人気アクティビティランキング

レッド・フォート(ラール・キラー) (観光情報) | デリー観光| VELTRA(ベルトラ)

インド・デリーを代表する観光スポットです。赤砂岩によってつくられているので、城壁が赤茶色に見えることから、英語では「レッドフォート」と呼ばれています。インドの文化遺産としては「タージ・マハル」は耳にしたことがあっても、「ラールキラー」は聞いたことがない人もいるでしょうが、レッドフォート(ラールキラー)もタージ・マハルを建造した王が建てたものです。赤い城壁や城門は、とても威風堂々たるもので観る者すべてを圧倒します。