コンノート・プレイス (観光情報) (観光情報) | デリー観光 VELTRA(ベルトラ)
コンノートプレイスは、インドのデリーの中でもセントラル・デリーと呼ばれる地域にある一角です。円形のセントラルパークを中心として、同心円状の道路と放射状の道路が広がっています。環状の主要道路は内側からラージーヴ・チャウク、ミドル・サークル、コンノート・サーカスと名づけられています。正式には、その最も内側の部分がコンノートプレイスです。ただし一般には、外側も含めてコンノートプレイスと呼ぶことが多いようです。この地域にはかつてマドーガンジという村がありましたが、当時の宗主国である大英帝国が1929年に開発を始め、1933年に大型ショッピング街として完成しました。コンノートプレイスの名は、1921年に当地を訪れたコンノート公爵にちなんでいます。
見どころ
コンノートプレイスは伝統的な商店街でしたが、メトロの開通などによって再開発が進み、現在はインドで最も賑わうマーケットのひとつになっています。老舗の高級店や大企業の本社もあれば、国際的なファーストフードのチェーン店もあり、雑多な人々が散策や買い物を楽しんでいます。美味しいレストランが多いことでも知られています。また5つ星の高級ホテルもありますが、すぐ北側には世界有数の安宿街もあり、いろいろな外国人観光客が集まってきます。このエリアの地下にはパーリカー・バーザールがあります。小さな店が数多く軒を連ね、地元に密着した市場です。買い物に疲れたらセントラルパークで一休みするのも良いでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

デリーの人気アクティビティランキング

コンノート・プレイス (観光情報) | デリー観光| VELTRA(ベルトラ)

コンノートプレイスは、インドのデリーの中でもセントラル・デリーと呼ばれる地域にある一角です。円形のセントラルパークを中心として、同心円状の道路と放射状の道路が広がっています。環状の主要道路は内側からラージーヴ・チャウク、ミドル・サークル、コンノート・サーカスと名づけられています。正式には、その最も内側の部分がコンノートプレイスです。ただし一般には、外側も含めてコンノートプレイスと呼ぶことが多いようです。この地域にはかつてマドーガンジという村がありましたが、当時の宗主国である大英帝国が1929年に開発を始め、1933年に大型ショッピング街として完成しました。コンノートプレイスの名は、1921年に当地を訪れたコンノート公爵にちなんでいます。