グヌン・カウィ (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
グヌン・カウィ
4.83
グヌン・カウィは、芸術村として人気のウブドの北、タンパクシリンにあり、バリ島最大の石窟遺跡として知られています。ウブドから北へ車で約30分、風光明媚なライステラス(棚田)で知られるテガラランから車で10分、聖水の湧き出る世界遺産の「ティルタ・ウンプル寺院」から車で5分のところにあります。日本人観光客にはあまり知られていませんが、歴史好きの西欧人観光客が多く訪れるスポットとして人気があります。
歴史
グヌン・カウィは王家の墓の遺跡です。9世紀、最初の王であるウダヤナ王がバリ島を統治していていました。ウダヤナ王の治世は長く続き、バリ島は平和が続きました。そして王が崩御すると埋葬されたのが現在のグヌンカウィの地です。ウダヤナ王の息子であるウォンス王は1077年に崩御し、グヌンカウィを流れるパクリサン川に遺灰が撒かれました。そして両王に仕えた忠臣であった巨人クボ・イワが、一夜で一枚岩に彫刻を彫ったのが現在のグヌン・カウィ遺跡だという伝説が残っています。その後も代々の王はこの地に埋葬されています。

見どころ
グヌンカウィ遺跡は王家の墓であり、菩提寺もあります。グヌンカウィの象徴である大きな王家の石窟では、はるか昔のバリ王朝時代に思いを馳せることができます。また敷地の奥には 、仏教僧が修行したとされる岩をくりぬいた洞穴が残り、静かで神聖な気が漂っています。現在もこの遺跡や寺院で瞑想をする人の姿を見かけることがあります。周囲は緩やかな渓谷で、棚田や川など、素晴らしい自然の景観を堪能することができます。ウブドからグヌン・カウィへと少し足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

バリ島人気アクティビティランキング

グヌン・カウィの新着体験談

ランチが素晴らしい!

2020/03/08 友達・同僚 やじきた親父

グヌンカウイ遺跡はあまり通常の観光コースには入らない所なのですが、空いているからこそ、手つかずの自然に包まれた遺跡の荘厳な雰囲気を感じ取れた事と真面目な参拝体験がとても新鮮でした。
足腰が弱い方だと、あの石段は辛いかもしれませんが、その苦... 続きを読む

閉じる

ウブド満喫!

2019/07/14 友達・同僚 おもち

女4人旅でこのツアーに参加しました。
現地ガイド付きにして本当に良かったです!ガイドさんがとっても親切かつ日本語がお上手です!現地のお参りの仕方を一緒に体験出来たり、遺跡の解説をしてくださったりするので、自分たちだけで行くよりもはるかに濃... 続きを読む

閉じる

行く価値ありです

2018/03/09 カップル・夫婦 チャッピー

本当に言ってよかったと思います。当方、70歳を過ぎています。行く前は、このツアー参加しても、石窟遺跡グヌン・カウイにおいては、自分だけは車にも残ってでもいようと思っていました。それは事前にインターネットやガイドブックで見た紹介には、300段... 続きを読む

閉じる

素晴らしい体験‼︎

2017/08/16 カップル・夫婦 横山尚子

このツアーに参加出来て、バリ島の歴史に触れることが出来ました。ガイドのワスさんに大変お世話になりました。日本語が上手で物知りでとても充実した日を過ごすことが出来ました。ありがとうございました‼︎

大満足!ティルタ・エンプル寺院が美しかった!

2017/08/07 カップル・夫婦 Ryoko

ガイドのマデさんとドライバーのダニさんは日本語が上手で、とても安心できました。
お祈りの仕方やサロンの巻き方についても教えてもらって、バリヒンドゥー教に対する理解が深まりました。特にティルタ・エンプル寺院は非常に神秘的で水が透明で美しかっ... 続きを読む

閉じる

ツアーもガイドさんも何もかも大満足!

2017/06/13 友達・同僚 みーちゃん

マデさんというガイドさんが日本語がとても上手で、説明が面白くて、常に気を利かせてくださり、とても素敵な1日になりました。本当に感謝しています。
棚田がとても綺麗でした。寺院では流暢な日本語での説明がとても面白く、ヒンドゥー教のお祈りの体験... 続きを読む

閉じる
グヌン・カウィ (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
グヌン・カウィは、芸術村として人気のウブドの北、タンパクシリンにあり、バリ島最大の石窟遺跡として知られています。ウブドから北へ車で約30分、風光明媚なライステラス(棚田)で知られるテガラランから車で10分、聖水の湧き出る世界遺産の「ティルタ・ウンプル寺院」から車で5分のところにあります。日本人観光客にはあまり知られていませんが、歴史好きの西欧人観光客が多く訪れるスポットとして人気があります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜