バリ植物園は、標高が1250mから1450mに位置するバリ島唯一の植物園であり、天候は極めて変わりやすく、出かけるときには折りたたみ傘が欠かせない場所です。公共の交通機関では不定期なうえ、利便性に問題なので、レンタカーかタクシー、あるいはバイクなどを利用したほうが賢明のようです。バリの日常の植物をゆっくりと見ることができます。園内には、ハイキングコースが存在するほど広大な規模なため、いい運動量になることが期待できそうです。
歴史
もともと、バリ島には植物園がなく、悲願でもあったことより、1959年7月に公式に植物園が創設しています。その期待は高く、植物の研究とレクレーションの二つの機能を有する植物園として歩みだした経緯があります。1975年以降には、敷地の拡大を実施したが、さらに1998年と2001年にもその敷地面積を拡大させ、今日に至っています。いまではインドネシアを代表して、世界のトップクラスの植物園を目指している過渡期になっています。

見どころ
バリ植物園の敷地規模が広大なため、歩いてすべてを見るのは不可能なため、車かバイクが必要となります。園内には森林浴を楽しむことはもちろんですが、【アスレチック】
施設もありますので、家族でも楽しめます。
また、【ガジュマルの木の下】には、精霊が宿るとされていることから、願い事をする人も多いようです。
周辺には、1キロ圏内に【チャンディクニン市場】があり、新鮮な地元の高原野菜や果物が販売されており、地元の雰囲気を感じることができるので、時間があれば立ち寄りたいものです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

バリ島の人気アクティビティランキング

バリ島 テーマから探す

バリ植物園 (観光情報) | バリ島観光| VELTRA(ベルトラ)

バリ植物園は、標高が1250mから1450mに位置するバリ島唯一の植物園であり、天候は極めて変わりやすく、出かけるときには折りたたみ傘が欠かせない場所です。公共の交通機関では不定期なうえ、利便性に問題なので、レンタカーかタクシー、あるいはバイクなどを利用したほうが賢明のようです。バリの日常の植物をゆっくりと見ることができます。園内には、ハイキングコースが存在するほど広大な規模なため、いい運動量になることが期待できそうです。