国立中央博物館は、龍山(ヨンサン)にある韓国の中でも代表的な博物館です。敷地面積は、93,000坪で、延べ面積は41,000坪です。これは世界の中でも6番目に大きさです。所蔵されている作品の数は、約30万点で、この数でも世界の有名な博物館に匹敵します。所蔵品の種類は、旧石器時代から近代までの韓国の生活や芸術、アジアの文化財などがあります。また、子供が展示物への理解や興味を深めるような体験ができるコーナーもあります。あと、食堂や売店などの充実しており、観光スポットとして最適な場所です。
歴史
国立中央博物館は、1945年から何度も移転を繰り返してきました。最初は、昌慶宮(チャンギョングン)に朝鮮皇室博物館として設立されました。現在は、龍山(ヨンサン)にあります。ここは、米軍が移動した跡地でもあります。2005年に、「光復60周年」を機に、新しい形でここに誕生しました。オープン当日は、敷地内の切符売り場の前には、観光客で長蛇の列ができました。以前の博物館よりも、所蔵されている文化財が約3倍ということで、それも人気の理由なのかもしれません。

見どころ
【歴史の道】展示空間を繋ぐ役割の廊下です。ガラスの屋根と壁によって、自然な光は差し込み、屋外にいるよう感覚を味あわせてくれます。
【先史・古代館】ここには、先史から古代までの約1万点もの遺物が展示されています。三脚とフラッシュを使用しないことを条件に、撮影することも出来ます。特に注目なのは、黄金に輝く「新羅金冠」です。
【半跏思惟像(はんかしいぞう)】ここの最もお薦めの品です。表情、足、手が非常に繊細に表現されています。京都の「広隆寺」にある国宝、弥勒菩薩半跏像はこれに酷似しています。実は、朝鮮から渡ったと言われています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 韓国の3大世界遺産へご案内。ソウルの昌徳宮、宗廟とさらに水原の華城を1日かけて巡る贅沢なツアー。朝鮮王朝時代の歴史をひもときながらじっくりと見学。細部まで美しい建築物にはあなたもきっと魅了されるはず。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    KRW115,000

    グループ割引
    毎日
    9 ~ 9.5時間 (午前)

エリアからツアーを探す

ソウル テーマから探す

国立中央博物館 (観光情報) | ソウル観光| VELTRA(ベルトラ)

国立中央博物館は、龍山(ヨンサン)にある韓国の中でも代表的な博物館です。敷地面積は、93,000坪で、延べ面積は41,000坪です。これは世界の中でも6番目に大きさです。所蔵されている作品の数は、約30万点で、この数でも世界の有名な博物館に匹敵します。所蔵品の種類は、旧石器時代から近代までの韓国の生活や芸術、アジアの文化財などがあります。また、子供が展示物への理解や興味を深めるような体験ができるコーナーもあります。あと、食堂や売店などの充実しており、観光スポットとして最適な場所です。