昌慶宮(チャンギョングン) (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
韓国の渡航安全情報
体験を探す
観光情報

昌慶宮(チャンギョングン)

昌慶宮は、ソウル市の中心付近に存在し、穏やかな雰囲気を持ちながら、豊かな自然に溢れています。南側には宗廟(チョンミョ)、西側には昌徳宮(チャンドックン)が隣接しおり、歴史を感じながら散策できる観光スポットです。海外からも一年中、観光客が訪れます。特徴としては、朝鮮時代の他の宮廷の中央にある殿や閣が南向きでなければならないのに対して、東向きであることです。これは、風水地理説において南向きが不吉という理由で、なされたことだと言われています。
歴史
この歴史は長く、1418年に朝鮮王朝第4代王である世宗(セジョン)が建設した「寿康宮(スガングン)」が最初です。1484年に、第9代王である成宗(ソンジョン)が祖母、生母、養母と暮らすために別宮として再建して、現在の名前である「昌慶宮」としました。しかし、1592年の壬辰倭乱(イムジンウェラン)で全焼しました。その後も再建と火災が何度が繰り返されました。そして、日本の植民地時代に、昌慶苑(チャンギョンウォン)という名前に変更され、動物園や植物園を持つ一般向けの施設になりました。1983年から3年間の復元工事が行われ、名前も「昌慶宮」に戻されました。

見どころ
【ヘチの像】ヘチの像と呼ばれる像が、あちこちに置いてあります。当時はこの像が、火を抑える力があると言われていました。そのため、宮内のあちこちに設置されました。
【春塘池(チュンダンジ)】ひょうたん型という珍しい形をした蓮池です。池には島が浮かんでいます。
【大温室(テオンシル)】1909年に韓国で初めて登場した植物園です。自生植物や野生花も展示されています。

ソウル人気アクティビティランキング

昌慶宮(チャンギョングン) (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
昌慶宮は、ソウル市の中心付近に存在し、穏やかな雰囲気を持ちながら、豊かな自然に溢れています。南側には宗廟(チョンミョ)、西側には昌徳宮(チャンドックン)が隣接しおり、歴史を感じながら散策できる観光スポットです。海外からも一年中、観光客が訪れます。特徴としては、朝鮮時代の他の宮廷の中央にある殿や閣が南向きでなければならないのに対して、東向きであることです。これは、風水地理説において南向きが不吉という理由で、なされたことだと言われています。