華城 (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
サッカーの水原三星ブルーウィングスでも知られる水原は、大韓民国の北西部に位置し、京畿道の道庁所在地です。水原は、高句麗時代には買忽部と呼ばれ、統一新羅時代には水城郡と呼ばれ、1413年に李氏朝鮮の水原都護府が置かれ、水原と呼ばれる様になっています。1950年の朝鮮戦争では、首都ソウルが占領された為に水原に大韓民国臨時政府が置かれた事があります。終戦後、水原は農業を中心に発展して来ましたが、交通の要所である事もあり都市の工業化が進んでいます。
歴史
1997年にユネスコの世界文化遺産に登録されている華城は、李氏朝鮮王朝第22代国王イ・サンによって非業の死を遂げた父である荘献世子の墓を楊州から水原の隆陵に移す事から始められています。イ・サンの理想都市でもある華城は、西洋技術を用いたレンガと切り出された石材を併用して建築しており、当時の李氏朝鮮の築城技術や装飾美術の粋を集め建設せれています。朝鮮戦争で被害を受けますが、「華城城役儀軌」という築城記録に基づいて復元されています。

見どころ
水原の華城は、行宮と呼ばれいる国王の別邸を中心にして全長約5.8kmにも及ぶ堅牢な城郭で都市を取り囲み、要所要所に門などの軍事施設を配置した城郭都市です。完成当初には、48あったとされる建物のうち41の建物が修復復元されており、軍事指揮所や兵士の休憩所なども見学する事が出来、錬武台では朝鮮式の弓道が体験する事も出来ます。アップダウンの激しい園内には、園内を走る列車の駅が西部と東部に一つずつあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ソウルの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ソウル テーマから探す

華城 (観光情報) | ソウル観光| VELTRA(ベルトラ)

サッカーの水原三星ブルーウィングスでも知られる水原は、大韓民国の北西部に位置し、京畿道の道庁所在地です。水原は、高句麗時代には買忽部と呼ばれ、統一新羅時代には水城郡と呼ばれ、1413年に李氏朝鮮の水原都護府が置かれ、水原と呼ばれる様になっています。1950年の朝鮮戦争では、首都ソウルが占領された為に水原に大韓民国臨時政府が置かれた事があります。終戦後、水原は農業を中心に発展して来ましたが、交通の要所である事もあり都市の工業化が進んでいます。