駱山公園 (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
韓国の渡航安全情報
体験を探す
観光情報

駱山公園

4.35
かつてソウル大学があったことから大学路と呼ばれる街は、現在では小劇場が立ち並ぶ演劇の街として知られています。その大学路の近くに、鍾路区と城北区を区切るように駱山が立っています。そしてその山の頂上に駱山公園があります。山の形がラクダに似ていることから、駱山という名前が付いたと言われています。モンマルトルの丘に似ていることから、ソウルのモンマルトルの丘と評されることもあります。
歴史
駱山公園では、落ち着いた遊歩道を歩きながら緑に触れることもできます。頂上からはソウルの街が一望できますが、よく見ると同じような形のマンションが実に多いことに驚きます。駱山は以前より豊かな自然に囲まれていましたが、1960年代以降に近代化を進めるための都市計画により、この近辺にはアパートや住宅が次々と建てられました。その後駱山の本来の姿を取り戻すため、復元工事が行われ、2002年に駱山公園が開園されました。広大な敷地内には、緑地化のために40種類もの木々が植えられ、公園の目玉になっています。見事に本来の姿を取り戻した駱山公園は、ソウル市民の憩いの場となっているだけでなく、ソウルを訪れる観光客の心も癒しています。

見どころ
駱山公園の魅力が一番分かるのは夜です。開放的な展望スペースでは、誰にも邪魔されず、眠らない街ソウルの夜景を独り占めすることができます。周りにはデートをするカップルもたくさん。ロマンチックな雰囲気に浸りたいなら、ぜひ訪れてみてください。

ソウル人気アクティビティランキング

駱山公園 (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
かつてソウル大学があったことから大学路と呼ばれる街は、現在では小劇場が立ち並ぶ演劇の街として知られています。その大学路の近くに、鍾路区と城北区を区切るように駱山が立っています。そしてその山の頂上に駱山公園があります。山の形がラクダに似ていることから、駱山という名前が付いたと言われています。モンマルトルの丘に似ていることから、ソウルのモンマルトルの丘と評されることもあります。