山頂での年越しならず

投稿者: 一球入魂, 2018/01/02

ゴールデンロックは、巡業地として多くの信者、旅行者を集めるだけのパワースポットでした。
今回、訪問が12月31日の夕刻となったため、山頂には初詣を待つ多くの信者家族がゴザを引いて見学に支障がありました。
又、大晦日ということで?山頂のマウンテンホテルの予約が一杯で叶わなかったため、中腹のマウンテンホテルの系列ホテルでの宿泊となりました。
ゴールデンロックは、政府の経営するトラックでの登頂が唯一の(正確にはロープウェイが使いづらい形でありますが)交通手段となるため、中腹のホテル宿泊の場合は、夜間のライトアップ、翌朝の再礼拝が叶いません。ヤンゴンからの遠距離移動、現地のトラック登頂という工程を考えると、少し残念でした。


催行会社からのコメント

一球入魂さま
Mingalarbar(ミンガラバー)
平素お世話になります。

この度は、弊社のアクティビティにご参加頂き誠にありがとうございました。

今回、大晦日で参拝客が多いことを事前アナウンスしておらず、十分に観光をお楽しみ頂けなかったとのことで、申し訳御座いませんでした。

ゴールデンロックへはミャンマー人だけではなく、大勢のタイ人も訪れるため大晦日や祝日などは山頂のホテルが満室になるため、
中腹や麓のホテルでのご案内となってしまうことが御座います。

今後は出来るかぎり山頂のホテルをお手配するよう尽力致します。

それでは、スタッフ一同、一球入魂様のまたのツアーご参加をお待ち申し上げております。

ミャンマートラベルブリーズ
新海

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2017/12/31
この体験談は参考になりましたか? [はい]

絶景の聖地を巡る!ゴールデンロック&古都バゴー1泊2日の旅<ヤンゴン発着/日本語ガイド> の参加体験談 | ミャンマーの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

絶景の聖地を巡る!ゴールデンロック&古都バゴー1泊2日の旅<ヤンゴン発着/日本語ガイド> の参加体験談 | ミャンマー国民憧れの聖地であるゴールデンロックと、多くの由緒ある建造物が残る古代都市・バゴーを巡る一泊二日のツアーです。本ツアーの二日間では、数多くの仏教色豊かな場所を訪れます。自然の美しさとミャンマー人の篤い信仰心を肌で感じとりましょう♪