@チトワン国立公園 (観光情報) | ネパール観光 VELTRA(ベルトラ)
チトワン国立公園は、ネパールのチトワン郡にある、広さ932平方キロメートルの公園です。ネパールで最初の国立公園で、1973年に設立され、1983年に世界遺産に登録されました。公園は、ネパールで最も人気の観光スポットで、年間7万人以上の来園者があります。保護区域の北側と西側に流れるガンダキ川は、自然と人間居住地の境界線を形成しています。公園の東隣には、パルサ野生生物保護区域があり、南側は、トラの保護区域であるヴァルミキ国立公園があります。
歴史
チトワン国立公園は、ヒマラヤの亜熱帯の広葉樹林が広がり、全体の70%を占めています。真性のサラノキは、中央部の水はけの良い低地に生えています。また、草原が公園の20%の部分を占めており、世界で最も長いエレファントグラスなど、50種類以上の植物が育っています。

見どころ
チトワン国立公園の見どころは、公園内に生息している43種類もの哺乳類です。ジャングルの王であるベンガルトラなど、世界でもっともトラが生息しやすい地域でもあります。インドヒョウは、公園で最も人気のある動物です。その他、ベンガルキツネ、ラーテル、サイなど、様々な動物が生息しています。公園内に生息する鳥類は、500種以上で、ネパールのどの保護区域よりもたくさんの種類が生息しています。その他、観光のアトラクションとして、象の背中にのったり、ジープに乗ってのサファリ、ラフティング、ガイド付きの徒歩ツアーなどが用意されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ネパールの人気アクティビティランキング

@チトワン国立公園 | ネパール観光| VELTRA(ベルトラ)

チトワン国立公園は、ネパールのチトワン郡にある、広さ932平方キロメートルの公園です。ネパールで最初の国立公園で、1973年に設立され、1983年に世界遺産に登録されました。公園は、ネパールで最も人気の観光スポットで、年間7万人以上の来園者があります。保護区域の北側と西側に流れるガンダキ川は、自然と人間居住地の境界線を形成しています。公園の東隣には、パルサ野生生物保護区域があり、南側は、トラの保護区域であるヴァルミキ国立公園があります。