インドラチョーク (観光情報) (観光情報) | ネパール観光 VELTRA(ベルトラ)
インドラチョークは、ネパールのカトマンズの歴史的地区を通り抜ける動脈の中心にある、儀式に使用されたり、マーケットで賑わう広場です。古くはインドとチベットの交易ルートとして栄えた通りは、現在はマーケットストリートとして同じような賑わいを見せています。インドラチョークでは、6つの道が交わり、広場とカトマンズの主要な地域を結んでいます。寺院やバザールは、巡礼者や買い物客をこの地に引き込んでいます。広場の名前は、ヒンズーの伝説における天国の主、インドラからつけられています。
見どころ
インドラチョークの見どころは、インドらチョークのシンボルでもある、広場の西にあるアカシュ・バイラブ大寺院です。アカシュ・バイラブとは空の神という意味で、寺院の中にはたくさんのマスクが所蔵されています。また、シバ神の寺院が、広場の北側にあります。オリジナルのパゴダは、1934年の大地震で壊れ、現在は地井さんドーム型の神社が建てられています。広場の東部には、ガラスのビーズを売る小さな店が並ぶラキバザールがあります。商人の先祖は、中世の時代にイラクから来たと信じられています。シュクラ・パスは、広場の南から新道まで続く広い道です。地震の後、1934年以降に建てられた、似たような白く洗われたスタッコ造りの家が並んでいます。道の名前は、殉教者であるシュクラ・ラジ・シャストリからつけられました。ショッピングストリート兼、カトマンズのランドマークです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ネパールの人気アクティビティランキング

インドラチョーク (観光情報) | ネパール観光| VELTRA(ベルトラ)

インドラチョークは、ネパールのカトマンズの歴史的地区を通り抜ける動脈の中心にある、儀式に使用されたり、マーケットで賑わう広場です。古くはインドとチベットの交易ルートとして栄えた通りは、現在はマーケットストリートとして同じような賑わいを見せています。インドラチョークでは、6つの道が交わり、広場とカトマンズの主要な地域を結んでいます。寺院やバザールは、巡礼者や買い物客をこの地に引き込んでいます。広場の名前は、ヒンズーの伝説における天国の主、インドラからつけられています。