カトマンズの谷は、ネパールの首都カトマンズにある盆地一帯を示します。緯度は沖縄とほぼ同じですが、周囲を標高の高い山々に囲まれているため、この谷も標高およそ1,300mの場所に位置しています。周りの山々は、万年雪が残るヒマラヤ山脈であり、一定の方角へ風が吹く傾向にある典型的なモンスーン気候に属しています。
歴史
カトマンズの谷(盆地)内には、ガンジス川の支流となっているバグマティ川が流れており、農作物を作るのに適した土地が広がっています。この地は、チベットとインドを結ぶ交易の中心地ともなっています。また、世界的にも貴重とされる歴史的建造物があることから、1979年にUNESUCO世界遺産に登録されています。

見どころ
15世紀にネパールで栄えたマッラ朝の統治時代に、カトマンズ・パタン・バクタブルにそれぞれ王子を配置したことで、それらの都市では競って宮殿や寺院を建設させていきました。こうした背景によって、カトマンズの谷にはネワール様式の建築物が多くなったのです。ネワール様式とは、カトマンズ盆地に古くから住んでいた先住民のネワール族が、窓枠に精巧な木彫りのデザインを施した独特かつ、木のぬくもりを感じる素朴な建築様式となっています。このネワール建築は、カトマンズのいたる所で見ることができ、観光客向けにホテルやレストランなども趣ある建物となっています。観光でカトマンズの谷を訪れた際には、素晴らしい景観と共に、こうした歴史的建造物や独自の建築様式に触れてみるのはいかがでしょうか。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ネパールの人気アクティビティランキング

カトマンズの谷 (観光情報) | ネパール観光| VELTRA(ベルトラ)

カトマンズの谷は、ネパールの首都カトマンズにある盆地一帯を示します。緯度は沖縄とほぼ同じですが、周囲を標高の高い山々に囲まれているため、この谷も標高およそ1,300mの場所に位置しています。周りの山々は、万年雪が残るヒマラヤ山脈であり、一定の方角へ風が吹く傾向にある典型的なモンスーン気候に属しています。