ゴールデン寺院(パタン) (観光情報) (観光情報) | ネパール観光 VELTRA(ベルトラ)
ゴールデン寺院(パタン)は、首都カトマンズの南にある古都パタンの都市の中心地にある寺院です。かつてパタン・マッラ朝が栄えた場所であり、別名「ラリトプル」(美の都)と呼ばれるパタンの都市の観光地の中では重要な場所の1つになっています。ゴールデン寺院やゴールデンテンプルと呼ばれていますが、正式名称はヒラニャ・ヴァナル・マハヴィハール寺院です。この寺院はネワール族の僧院でクワバハルの中庭に位置し、3層構造になっています。ネワール族だけでなく、チベット仏教徒にとっても大切な寺院で、一日に数回訪れる人もいるといいます。この寺院は12世紀にバスカール・ヴァルナ王によって建立されました。現在のパコタ様式の建物は19世紀に貿易で成功をおさめたパタンの商人によって建てられたと言われています。
見どころ
ゴールデン寺院(パタン)は世界遺産として登録されている旧王宮広場のダルバール広場から約3分くらい歩いたところにあります。この周辺にはネワール文化が栄え、美しいネワール建築の旧王宮や寺院が立ち並んでいます。ゴールデン寺院(パタン)もそれらの寺院の一つです。境内にはマンダラや14世紀ごろの仏像、経典などが収められていて、正面入り口の門の石の天井にもマンダラが描かれています。名前からも分かるように寺院の本堂は金箔でおおわれ、置かれている仏像も金色です。境内に入るときは革製品の持ち込みは禁止されていますので、入り口で預ける必要があります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ネパールの人気アクティビティランキング

ゴールデン寺院(パタン) (観光情報) | ネパール観光| VELTRA(ベルトラ)

ゴールデン寺院(パタン)は、首都カトマンズの南にある古都パタンの都市の中心地にある寺院です。かつてパタン・マッラ朝が栄えた場所であり、別名「ラリトプル」(美の都)と呼ばれるパタンの都市の観光地の中では重要な場所の1つになっています。ゴールデン寺院やゴールデンテンプルと呼ばれていますが、正式名称はヒラニャ・ヴァナル・マハヴィハール寺院です。この寺院はネワール族の僧院でクワバハルの中庭に位置し、3層構造になっています。ネワール族だけでなく、チベット仏教徒にとっても大切な寺院で、一日に数回訪れる人もいるといいます。この寺院は12世紀にバスカール・ヴァルナ王によって建立されました。現在のパコタ様式の建物は19世紀に貿易で成功をおさめたパタンの商人によって建てられたと言われています。